Top 5 Album 2012 (Screamo/Metalcore/Post Hardcore/New School)



この記事では2012年にリリースされた、Screamo/Metalcore/Post Hardcore/New School・・・つまりラウドな感じのバンドの作品からTOP5をチョイスしました。




Lions Lions / To Carve Our Names



Genre: Post Hardcore/Melodic Hardcore/Screamo
Coutnry: Massachusetts, US
レビュー記事をこちら

ex-Vanna、Therefore I Am、The Jonah Veilのメンバーで結成されたボストンオールスターズ。そういったネームバリューに負けること無い作品でしたね。
今年チェックしたScreamo系バンドは大体、00年代前半の匂いを持ったバンドか、その時代活躍したバンドばっかりでした。このバンドもそれに漏れず、SilversteinやTherefor I Amとかが好きな人がドンピシャサウンド。Melodic Hardcore、あるいはHardcore/Punkを通過したScreamoサウンドが最高!

LIONS LIONS - Milestones


No Bragging Rights / Cycles



Genre: Metalcore/Melodic Hardcore/Hardcore
Country: California, US.

もう今年のベストアルバムにしていいんじゃね?ってくらい聴いてる今作。彼らは出す度に格好良くなっている気がします。
今作はより叙情派色が強まりながらも、モダンオールド・スクール的な前のめりパッショネイトサウンドは健在。ただ落とすだけじゃなくて、意味のある落としパートというか。落とした展開があるから疾走パートが生きてきて、更に今作では裏でエモーショナル/メロディアスなギターが鳴くパートもあったりとヤバ過ぎな作品!今作で完全にフェイバリットバンドになりました。"Hope Theory"の1:47辺りの"びゅーてぃっふぉ!(Beautiful)"っていうシンガロングが格好良すぎ。

No Bragging Rights - Hope Theory 


Silverstein / Short Songs



Genre: Melodic/Screamo/Punk
Country: Ontario, Canada.

やっぱり格好良いこのバンド。上記でも言ってますが、やっぱりPunk/Melodic上がりのScreamoバンドは良いですね。ヴォーカルのShaneが学生時代に組んでいたMelodic Hardcoreバンドもやたら格好良かったし。"Jerk Circus"ってバンドなんですが、既に面子がヤバ過ぎて、VocalはSilversteinのShane、ex-The Fullblast/Boys Night OutのAndy、そしてA Wilhelm ScreamのBrianっていう豪華メンバー。"Look me in the face"とか格好良すぎだし、コレ聴くとSilversteinのメロディックな部分のルーツがわかるし、今作に収録されてるカバーの選曲も納得。
もしかしたら彼らの中で一番好きなアルバムかも。

Silverstein - Brookfield


Stick To Your Guns / Diamond



Genre: Metalcore/Melodic Hardcore/Moshcore
Country: California, US.

マッチョゴリゴリな感じのハードコアバンドは苦手な事が多いんですが、不思議とこのバンドは好きなんです。やっぱり彼らの中にMelodic Hardcore好きを擽る何かを感じれるからでしょうか。PVのTシャツを見ててもDescendents着てたり、親近感沸きまくり(笑)ストロングスタイルなハードコアサウンドに、メロディの感じもIgnite系の歌い上げ形なので、No Bragging RightsやClose Your Eyes好きにはドンピシャ!ヘヴィさ・疾走感・メロディ性のバランスがかなり良くて、彼らの最高傑作だと思います。

Stick To Your Guns - We Still Believe


Treated / Where Life Takes Us



Genre: Metalcore/Screamo/Melodic Hardcore
Country: Austria

これもTwitterでオススメしてもらったバンド。薦められて速攻iTunesでアルバム購入したくらい即効性あります。
A Day To Remember、あるいはChunk! No Captain Chunk!の叙情派版?なんてくらいキャッチーなメロディ鳴らします。"Speak for Yourself"とかPopcore/Easycoreかよってなくらいです。意外に僕の周りで話題になっていないので、是非チェック欲しいという意味を込めてTOP5入り。
PVの手作り感からは想像できないクオリティですよ!(笑)

Treated - Speak For Yourself


Top 6- Album


Circa Survive / Violent Waves
The Ghost Inside / Get What You Give 
Senses Fail / Follow Your Bliss: The Best of Senses Fail
Underoath / Anthology 1999-2013
The Used / Vulnerable

Circa Surviveはいつも通り過ぎてちょっと物足りなくなってきたかなあ・・・とかなりワガママな評価。
The Ghost Insideは前作が良すぎて、今回はちょっと違うなと思ってランク外。
Senses Failは学生時代を思い出してエモい気持ちに・・・でもベスト盤なのでちょっとズルいかなあと外しました。
Underoathも同様の理由で。
The Usedはやっぱり1stだなあと強く感じました。それでも十分良い作品でしたけどね。

Senses Fail - Wolves at the Door
0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...