Mustard Plug / Can't Contain It (2014)





Rate: 8.6/10.0
Genre: Ska/Melodic/Punk
For Fans of: MU330, Buck-O-Nine, The Planet Smashers.
Country: Michigan, US.
Label: No Idea Records.
Link: Official





所謂Ska Punk/Skacoreバンドにある、脱Skaサウンドであったり、Reggaeサウンドへの傾倒なりとあって、ファンがなんとなくガックシくる事もあると思うのですが、20年以上Ska PunkをやっているこのMustard Plugは7年ぶりの新作でも期待を裏切らないゴキゲンなサウンドを展開しています。
応援するファンとしてはバンドの好きなようやって欲しいというのも大いにあるのですが、好きになった時期のサウンドのままでいてというエゴもあったりして。バンドのやりたいサウンドとファンの好きなサウンドが一致し続ける、それも一つの理想の形?とにかく、彼らは帰ってきて、変わらないでいてくれて嬉しい人も多いんだろうなあ…っていう今作をレビュー。

The All-Nighter

※〜2:45です。

冒頭であんな事言いましたが、実は僕自身待望していた程このバンドに思い入れがあるわけでもなく…(笑)"Masterpieces: 1991–2002"というベスト盤だけしかチェックしてないんです。とは言え、気になるバンドではあり、新作が出たのでいざチェックしてみると、中々どうして良いじゃありませんか!
僕が聴いていたベスト盤の時と変わらない陽気なサウンドでありながら、そのPunk的な力強さ、そして疾走感とドタバタ感が確かにありました。元々気合を入れて前のめりに突っ込んでくるバンドではなく、何処か力を上手に抜いたプレイが出来るバンドって印象だったので、ベテランでこなれた感じなっても印象は変わらないなあって感じでした。
音作りでも良い意味で変わらないのは、初期からお世話になっているお馴染みThe Blasting RoomでのMixingだからなのかなあと。

What Does She Know?


イントロのホーンセクションのワクワク感や、CHORUSパートのメロディのフックは流石って感じで、全曲楽しめます。中でも"The All-Nighter"や"Bang!"、"Shakin' It Up"、"Gone and Faded"、"What Does She Know"辺りがツボでした。
"The All-Nighter"のCHORUSパートは思わずシンガロングしたくなるフックがあるし、"Bang!"や"What Does She Know"は名曲"Mr. Smiley"を彷彿とさせる小粋なホーンセクションとギター、そしてボーカルの掛け合いが魅力。"Shakin' It Up"や"Gone and Faded"は裏打ちではなく、パンキッシュにコードをかき鳴らすドライブ感のあるナンバー。

今年の初めにリリースされた8枚目の新作なわけですが、聴くならこの時期から夏の終わりがベストなんじゃないでしょうか?まだチェックしていないSka Punk好きは是非。


Mr. Smiley (from "Big Daddy Multitude", 1993)


おまけにこの曲。ミーハーですが、やっぱりこれがナンバー1。


Tracklist

    1. We Came to Party
    2. The All-Nighter
    3. Aye Aye Aye
    4. White Noise
    5. Bang!
    6. Burn It Down
    7. Shakin' It Up
    8. Blame Yourself
    9. Gone and Faded
    10. What Does She Know?
    11. Twist The Knife
    12. It's You
    13. The Perfect Plan
    14. Running Out of Time
0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...