The Expendables / Prove It (2010)














Genre: Reggae/Alternative/Surf
For Fans of: 311, Fishbone, illScarlett
Country: California, US
Label: Stoopid Records

01. How Many Times
02. Get What I Need
03. Come Get High
04. Trying To Focus
05. Mr. Sun
06. Positive Mind
07. Night Mission
08. Corporate Cafeteria
09. Dance Girl Dance
10. No Higher Ground
11. Brother
12. Donkey Show
13. I Ain’t Ready
14. D.C.B.
15. Mind Control
16. Wells
17. 2 Inch Dub

Myspace


スタローン主演の映画のサントラではないです。Reggae, Ska, Surf Rockを吸収したパンク・ロックサウンドで1997年から活躍しているカリフォルニアのバンド、The Expendablesの5thをれぶー。最近知ったバンドなんですが、むちゃくちゃハマッてます。こういうサウンドが聞きたかったんです!

僕が今まで好んで聞いてきたスカパンク・スカコアバンドと違うのが、パンクな曲や、ファンキーな曲の他に、このバンドにはサーフロック特有のアーシーで泥臭くもゆる~い感じの曲が多いんですよね。少なくともこのアルバムには。(※他のアルバムは未聴なので何とも言えませんが。)それが魅力ですね。
ってかパンクバンドってか、311とかのレゲエサウンドを窮したオルタナ・ミクスチャーバンドって感覚ですね。

このG.Loveがゲストヴォーカルとして参加してる曲も最高です!こういうゆったりした曲大好きです。あとこんな感じにルート音をスライドさせてコードチェンジするフレーズがたまらなく好き。


I Ain't Ready


レゲエっぽい要素のある曲の魅力の一つとして、裏で鳴ってるキーボードですね!Rancidとかでもキーボードの入ってる曲は大抵好きです。後むちゃくちゃギターに空間系のエフェクトかましまくってダビーな感じにしてるのも雰囲気あります。

パンキュッシュな曲やロックな曲もあるんですが、基本的にはゆるい感じ要素があって安心して聴けます。このアルバムは去年の5月に出たらしいです・・・くそう・・・去年の夏に海行った時にこれを聞きながら散歩したかった・・・


Get What I Need


90年代から活躍してるだけあってオルタナな感じもありつつも、基本的にキャッチーで耳になじむサウンドになってます。ミクスチャー好きにも、スカ好きにもサーフロック好きにもオススメできます。




0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...