(激PUSH盤) Defeater / Empty Days & Sleepless Nights (2011)














Genre: Hardcore/ModernOldSchool/Indie
For Fans of: Killing The Dream, Verse, The Carrier.
Country: Boston, US
Label: Bridge Nine Records

1. But Breathing
2. Brothers
3. I Don't Mind
4. Headstone
5. Warm Blood Rush
6. Dear Father
7. Waves Crash, Clouds Roll
8. Empty Glass
9. No Kind of Home
10. White Knuckeles
11. Cemetery Walls
12. Quiet the Longing
13. At Peace
14. White Oak Doors

Myspace

Waves Crash, Clouds Roll


ボストンの大人気ハードコアバンド、Defeaterの待望の2ndフルアルバム。前作同様Bridge Nine Recordsからのリリース。プロデュースは勿論Defeaterのギタリストにして、ハードコア界の売れっ子プロデューサー、Jay Maas!

前作EP"Lost Ground EP"での方向性で来ましたね。1stのパッショネイトなモダンオールドスクールとは少し変わって、エモーショナルかつスリリングな展開・・・静と動を使い分けたNew Schoolぽさも持ち合わせた作品になったと思います。前作よりもインディー的なギターアレンジで泣きのパートにも磨きがかかっています。


No Kind Of Home


ドラムパターンも結構勢いだけじゃなくて、ポストロック的なテクニカルで強弱のついたアレンジになってて、かなり格好良くなってます。TAKEN好きにはたまらないアルバムになったかも。この曲とかNew Schoolっぽくてマジで格好良い。


Cemetery Walls


泣き叫ぶようなシャウトに、エモーショナルなギター、テクニカルなドラムに、メロディアスなベースがぶつかり合いながら、スリリングかつドラマティックに展開していく・・・しかもその強弱がたまらなく絶妙なんですよ!そう言えば僕さっきから同じことばっかり言ってますね!語彙力なくてスミマセンね!!

完全に突く抜けたアルバムなのは間違いないです。1stの畳み掛けるようなハードコアサウンドではないですけど、叙情派や泣きの要素が強いハードコアが好きな人にオススメ!
アコースティックな曲が入ってましたが、今作のインディー要素も感じられる作風故に、意外にすんなり受け入れられました。何より渋い。こういうグッドメロディーを書けるんだから、良いギターフレーズを作れるんですね。
まさに激PUSH!!なアルバムです!!


Headstone





0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...