The Blackout / Hope (2011)



一言レビュー「1st~3rdの中では今作(3rd)が一番好きかも。」

Genre: Alternative/Loud/Rock
For Fans of: Incubus, Lostprophets, Funeral For A Friends.
Country: Wales, UK
Label: Victory

01. Ambition Is Critical
02. Never By Your Side
03. Higher & Higher
04. Hope (Scream It Out Loud)
05. This Is Our Time
06. The Last Goodbye
07. No More Waiting
08. The Devil Inside
09. You’re Not Alone
10. Keep On Moving
11. The Storm
12. Party Hard (Andrew W.K. cover)
13. Lump (The Presidents Of The USA cover)
14. Save Tonigh (Eagle Eye Cherry cover)
15. Fight For Your Right (Beastie Boys cover)
16. You’re Not Alone (Acoustic)
17. Hope (Acoustic)
18. Ambition Is Critical (Live)
19. Higher & Higher (Live)
20. Higher & Higher (TEK-ONE REMIX)
21. Higher & Higher (Radio Edit)

Myspace

Higher & Higher


良い意味でインキュバスっぽい作風になってきた、彼らの会心の3rdアルバムをれぶー。
元々ポストLostprophetsと言われてきたり、比較されてきたわけですが・・・今作は前作の勢いのあるサザンロックテイストなスクリーモ・ラウドサウンドだけではなく、Incubusのようなオルタナティブで浮遊感のあるサウンドも展開。まぁLostprophetsもモロIncubusに影響受けてますから、また比較されること間違い無しって感じですけど。

この曲の途中のラップが入る感じとかイイ感じにミクスチャーっぽくなってて格好良かったです。今作オルタナっぽい感じになった分、そういうスタイルもしっくり来ますね。

Never By Your Side


個人的にLostprophetsに似てはいると思うけれど、彼らのサウンドはLostprophetsと違ってコテコテのサザンロックサウンドなリフを多用しますよね。メタル的なクサさを持ってるっていうか。そういう意味で暑苦しいんですよね。勿論良い意味ですけど(笑)
Lostprophetsは巧く色んなサウンドをミックスして自分らの音を出せてる感じがします。

まぁとにかく、こういう暑苦しい感じの曲は彼らは得意ですよね。格好良いです。




ウェールズのあそこへん界隈のロックの連中は何ていうか、ジャンルとか意識して作ってないですよね。自分らがライブでやって格好良いと思うロックをただやってるって感じで。格好良かったら色々取り入れていって・・・て感じ。下手にジャンルの枠にとらわれて、変にまとまってしまうよりも、好きにやってくれた方が聴いてて楽しいですね。
次は打ち込みアリでレイヴサウンドとかありそう。




0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...