Break of Day / Illusions Burn (2011)



一言レビュー「漢らしいメロディックサウンドが好きな人にオススメ」

Genre: Punk/Melodic Hardcore/Rock
For Fans of: Rise Against, A Wilhelm Scream, Atlas Losing Grip
Country: Westerlo, Belgium
Label: Funtime

1. The Road to Guantánamo
2. Statue of Bigotry
3. Hoax Country
4. Hands of Time
5. The Tide Will Swallow Us
6. Farabundo
7. Daytime TV Is Your New Vietnam
8. This Scene Is Fucked
9. Dry Lungs
10. America’s Next Ignorant Top Model
11. To Exist Is to Resist

Myspace

The Road To Guantánamo


2005年から活動しているベルギーのメロディックパンクバンド、Break of Dayの2ndをれぶー。Rise AgainstやStrike Anywhere、Strung Out等に影響を受けたそうな。後はBad Religionのようなポリティカルなサウンドをやるバンドにも影響を受けたそうです。確かに、哀愁ただようとかポップとか言うよりは、ひたすらにシリアスなテンションでぶち進んでいく感じですね。
声が伸びやかで男らしいタフなサウンドって感じがAtlas Losing Grip好きな人にもイけるかなって感じしました。がっしりシリアスでロックしてるパンクナンバーもあれば、叫んだりしながら疾走感あるぶっ飛ばしたメロディック曲もあったり、Rise Againstら辺の音楽が好きってのが確かに分かるサウンド。

Carbundo


他国のパンク/ハードコア系のバンドがベルギーでプレイする際には、ツアーで引っ張りだこらしく、今までにStrike Anywhere, Hot Water Music, Verse, This is a Standoff, Cro-Mags, The Hurt Process, Across Five Aprils, The Casino Brawl, Far From Finished, Rentokill, Face Tomorrow, Fire in the Attic, No Turning Back, The Real Danger, Atlas Losing Grip, Noyalty, Tenement Kids, Smash the Statues, When We Fall, Skin of Tears, Sparkle of Hope, Homer, The Setup, Belgian Asociality等々とプレイしてるそうです。欧州のバンドが目立ちますが、Strike Anywhere、Hot Water MusicとかVerseとか凄いですね。No Turning Backとかともやってるんですね~。

Dry Lungs


Fond of Life Recordsとかから出たらもっと日本でも知名度とか上がりそうですね。ただ、若干突き抜けてない感は否めないです。ポリティカルにしてはやや緊張感が足りないサウンドのような気がしますし、上記の影響されたバンドと比べると破壊力やブチギレ感が足りない感じもします。もう少しオルタナなメロディだったりしたら面白いかもしれないです。Templeton Pek的な。

何にせよベルギーは今後も熱そうですね。FlatcatFive Days OffShort On TimeHomerSecond Baseとか良いバンド輩出してますしね。今後も要チェックのシーンですね。
0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...