Hard-Fi / Killer Sounds (2011)



一言レビュー「3rdにして未だ成長する彼ら。願わくばこの方向性で」

Genre: Post Punk/
For Fans of: Friendly Fires, Radio 4, Shitdisco. 
Country: Surrey, UK.
Label: Necessary / Warner (UK), Atlantic (US)

01. Good For Nothing
02. Fire In The House
03. Give It Up
04. Bring It On
05. Feels Good
06. Stop
07. Stay Alive
08. Excitement
09. Love Song
10. Sweat
11. Killer Sounds
12. Like A Drug
13. Happy
14. Second Line Style
15. Sweat (Greg Kurstin Mix)

Myspace


Fire In The House



どういうバンドかって言うのを、個人的に凄く表現しにくいバンドだったですが、今作はスッキリUKロック風味のポスト・パンクって感じになってました。僕が聴いた1stはThe Clashのようなワーキングクラスのロックサウンドに、様々な音楽の要素(ソウル、スカ、ダブ)を好きにぶち込んで、結果的にビートの効いたダンサブルなサウンドになったって印象でした。2ndがパッと聞いてピンと来なかったんで、どんなアルバムかは覚えてないんです。他のファンの方のレビューを見ると賛否両論な感じでした。

まぁそんなわけで、この作品も特に期待してなかったんですが、知ってるバンドの新作が試聴コーナーにあったので、聴いてみたんです。すると中々良いじゃないか・・・と。
「このアルバム良いなぁ」と感じるのも、僕個人がこういうサウンドが好きになってきたっていう、自身の音楽嗜好の変化もあるんでしょうね。他のレビューを見ると、「大きな方向性の変化は無く、彼ららしいアルバム」だそうなので。

Stay Alive


ただやっぱり1stより更にポストパンクっぽくなってる気がしました。更に楽曲の幅も広がっています。
Friendly Firesのようなソウルフルなメロディに、エレクトロサウンドが絡む楽曲もあるし、1stのようなロッキン&ビートな格好良い曲もあります。最後の曲なんかは、流石と思わせるUKバンドらしいポップなサウンドの曲。
それでいて独りよがりにアーティスティックなサウンドになり過ぎずに、大衆的なロックソングとしても成立している、ポップセンスは武器ですね。個人的にインディーロック風味なポスト・パンクバンドは、最近多く出ているので、こういうしっかりロッキンなポスト・パンクを久しぶりに聴くと新鮮です。
あと、恐らく「踊れるロック」と評価するのも、以前UKで流行ったニューレイヴムーヴメントのような切れ味鋭いアッパーなレイヴサウンドではなく・・・タイトに刻むビート、キャッチーなメロディ、ダビーなアレンジが生み出す空間が凄く心地よくて、思わず体でリズムを取ってしまうので、評したんだではないでしょうか。違うかもしれないですけど。
そんなにノリノリダンスナンバーってわけでもないですしね。

Sweat


何となく一発屋な感じがした彼らでしたが、良い成長をしているようです。大体2ndで解散するかと思ったんですが、この作品を聴いて何となく後10年くらいは活動してくれるんじゃないかなぁと思いました。




0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...