Heartsounds / Drifter (2011)



一言レビュー「Strung Out好きは問答無用ではしゃぎ出す作品」

Genre: Metallic/Melodic/Hardcore
For Fans of: Bad Religion, Strung Out, A Wilhelm Scream.
Country: California, US.
Label: Epitaph Records

01. Every Second Counts
02. Unconditional
03. Drifter
04. I Have Nobody to Betray
05. Elements
06. Race to the Bottom
07. Don't Talk With Your Mouth Open
08. Everything's Going My Way
09. Echo
10. You Are Not Your Body
11. Uncomfortably Numb
12. Nothing Happens for a Reason

Myspace

Drifter


よりキャッチーに、よりテクニカルに、テンポも軽快かつ転がるように展開していきます。さながら先輩であるBad Religionのように、ローラーコースターに乗ってるような興奮を味あわせてくれます。コーラスワークもまた彼らを彷彿とさせます。メロディやリフの噛ませ方はStrung Outの影響を感じさせます。特にM-3"Drifter"なんかは完全にStrung Out臭がします。なんかヴォーカルの声もJasonに聞こえてきました。ちなみにそのJason Cruz(Vo: Strung Out)はM5"Elements"でゲストヴォーカルとして参加しています。
ただ個人的にアルバムを聞き終わると胸やけに似た「もう聞くのいいかな・・・」的な感じがあるんですよね。色んな要素を詰め込みまくりな感じがそうさせるのかもしれませんが、それ(いろんな要素を詰め込む事)が高クオリティで為されてるので、そこまでマイナスポイントにならないのかもしれませんけど。
でも慣れれば凄く良いアルバムなんだと思います。

Uncomfortably Numb


それに所々ハッとさせるリフやフレーズがあって、やっぱこのバンドは只者じゃないな・・・と思い知らされもしました。疾走感、技術力、メロディ性なんかが高いクオリティでぶち込まれてる今作は、現行のテクニカルなメロディックバンドの多くがやりたかった事を体現出来た一枚とも言えます。もっと哀愁感があったら凄くツボだったかも。ちょっとキャッチーさがクドさを生んでるのかも?
まぁでも究極的に言えば好みの問題ですからね。今聞いてしっくりこなくても、また後で聞いたら発狂するほど突き刺さるかもしれませんし。それくらい作品自体の質は素晴らしいと思います。ただ今現在の僕にあまりハマらなかっただけで。

最近ほとんどメロディックバンドを聞いていないので、「こういうサウンド」の聞き方が下手くそになってるのは否めないです。また違う時期に聞けば評価は変わるかも。

※そんな彼らが2012年の8月に来日します。しかも来仙までしちゃうっていう・・・!!CLEAVEと一緒に!!こりゃ見に行かなきゃいけないですね。
来日情報を聴いて聴き直したら、やっぱり格好良い!と思ってしまいました。現金なもんです(笑)


0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...