The Offseason / Pride And Progress / Goin' For Broke (2011)



一言レビュー「Next Big Thingの風格を漂わせる好盤。」

Genre: Pop Punk/Easycore/Punk
For Fans of: New Found Glory, The Years Gone By, This Time Next Year.
Country: Massachusetts, US.
Label: Barrett Records

1. Forfeit
2. Pride And Progress
3. These Things Happen
4. Thanks For Nothing
5. Livin' The Dream
6. Frank White
7. Dirt Nap
8. I'm Not As Stupid As You
9. 15 Minutes Of Lame

Myspace

Livin' The Dream


最近僕はポップパンクシーンに於いて、あまり若手の発掘に努めていなくてですね…殆ど他の人のツイートやブログに頼りっきりなんです。去年ほどの入れ込みは無くなり、以前良かったバンドの次の作品を応用になり、新たしいバンドが出てもスルーすることが多かったんですが・・・このバンドを聴いて目が覚めました!
何だこのI Call Fivesの1st EP以来の来る来る感は!色んな若手ポップパンクバンドの音源を聴かなくなっても、あの一枚だけは今でもヘヴィーローテーションです。そんなオールタイムベストな一枚になりそうなポップパンクサウンドがこの作品ではかき鳴らされているんですよ!やっぱボストンは良いバンドが多いですね!本当に!

まず曲展開がわかりやすい!走る→聴かせるテンポに→走るみたいなテンポのムラに対して、アレンジもわかりやすくキメてるので、聴きやすさが半端じゃないです。そういう要素がネガティブな意味での「キャッチーさ」を生み出さずに、また聴きたくなる「中毒性」を生むのは、偏に「メロディのフック」これに尽きます。

Pride And Progress


"Livin' The Dream"のサビパートなんて一度聴いたら、一発で覚えてシンガロング出来るくらい心に、ハートに突き刺さって引っかかりまくりますよ。たまらんです。
"Forfeit"や"These Things Happen"のようにかっ飛ばす曲だけでなく、"Dirt Nap"、"I'm Not As Stupid As You"のように聴きやすいテンポのメロディナンバーも素晴らしくキャッチー。聞けば聞く程、やはり彼らの魅力はそのメロディセンスだと痛感しました。
疾走ナンバーに関しても、ただ速いファストなモダンポップパンクってだけでなく、Title Fightや初期This Time Next Yearのような掻き毟るエモーションを携えて駆け抜ける部分もあって、熱い気持ちになってグッときます。サウンドがまるっきり似てるってわけじゃないんですが、主にハートをぶつけて来る感じっていうんですかね・・・ハートをぶつけて来る感じってどういう事だ・・・?



シーンを創り上げるバンドは、強烈な個性と才能だと思うんですが(当然他にもたくさんありますが、やはりフォロワーとの対比で考えるとこれが必要かなぁと)・・・そういうバンドの後を継ぐ、「フォロワー」あるいは「ネクストビッグシング」と呼ばれるバンドで、人気の出るバンドの多くは、「消化力(つまりブームになっている同ジャンルの先人のサウンドを自分のものにする力)」と「メロディの良さ」だと思うんですよね。
そしてこのバンドにはそれがあるんじゃないかと勝手に期待してしまいます。まだ1st EPの段階で早計かもしれないですけれど。そう考えると、これからのシーンに対して何だか無性にワクワクしてきます。同時に自分の中のポップパンクが好きな自分が出てきて、まだまだ若いかな?って思って恥ずかしながら嬉しくなってしまいます(笑)

限りなく激PUSH盤に近い作品です!オススメ!

Dirt Nap


0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...