The Vines / Future Primitive (2011)



一言レビュー「いつものヴァインズ。何も、問題なし。」

Genre: Alternative/Rock/Garage
For Fans of: The Beatles, The Hives, The Subways.
Country: Sydney, Australia.
Label: Sony Music

1. Gimme Love
2. Leave Me In The Dark
3. Candy Flippin’ Girl
4. A.S.4 (Autumn Shade 4)
5. Weird Animals
6. Cry
7. Future Primitive
8. Riverview Avenue
9. Black Dragon
10. All That You Do
11. Outro
12. Goodbye
13. S.T.W.

Myspace

Gimme Love


正直、もっと短命なバンドだと思ったんですが、5枚目まで来ましたね。そんなオーストラリアの人気バンドThe Vinesの5thフルをれぶー。

上にも書いたように、いつものThe Vinesです。ただあまり思い入れの無いファンをぐっと引き込む新鮮さや切れ味とかは無いかも?新たにファンを獲得!っていうアルバムではないのかもしれませんね。
ただThe Vinesのどういった所が聞き所なのか、魅力なのかを理解しているファンの方達には納得の良作だと思います。荒々しくノイジーなギターを掻き鳴らしながらポップなサイケなメロディを歌うスタイルは健在。そして他のアルバムでも似たようなメロディが・・・と思わなくもないくらいThe Vines節満載ですよ!

Future Primitive


打ち込み的な要素も今作では結構フィーチャーされてる楽曲もあり、よりサイケな世界を色濃くしてます。それでいて思ったよりクドクない聴きやすさがあります。そこら辺はやはりセンスなんでしょうね。

ただThe Vinesに付けられたイメージ、「The BeatlesとNirvanaが出会ったようなサウンド」というハードルを越えることは出来無い感があるアルバムでもある気がします。でもアルバムの最も良いと感じた、キラーチューンとも言える"Gimme Love"を1曲目に持ってきたのは正解かも。だって視聴して一発で買っちゃったし。


リンクに表示されるテキスト
0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...