Mega City Four / Tranzophobia (1989)



Rate: 9.9/10.0
Genre: UK Melodic/Indie Rock/Powerpop
For Fans of: Hüsker Dü, 
Country: Hampshire, UK.
Label: Cherry Red.

1. Start
2. Pride And Prejudice
3. Severe Attack Of The Truth
4. Paper Tiger
5. January
6. Twenty One Again
7. On Another Planet
8. Things I Never Said
9. New Years Day
10. Occupation
11. Alternative Arrangements
12. Promise
13. What You've Got
14. Stupid Way To Die

Mysapce

Start


突き抜ける蒼さは半端じゃない。青じゃなく、蒼って感じ。

Snuff、Leatherfaceらと共にUKメロディック(あるいはUKネオパンク?)界で3大バンドとされているMega City Four(略:MC4)の記念すべき1stアルバムをれぶー。
徐々に落ち着いていって、ヴォーカルのWizが生み出す素晴らしいメロディに磨きがかかりますが、やはり青春の切ない匂いが香るこの1stこそ名盤!という声も多いのでは?

Twenty One Again


The La'sのような綺麗なギターフレーズに青臭いメロディが重なり、ティーンのみが感じることの出来る匂いや空気の感覚を一刻思い出させてくれるこの拙い衝動感がつまったサウンド!もう最高です!ギターポップ的な聴きやすさや、UKインディ・ロックのような郷愁感を持ち合わせていて素晴らしい!
僕がUKメロディック系で大好きなDriveと同じくらい瑞々しいサウンドを放つ大好きなバンド!

Occupation


そういうUKの香りを仄かに放ちながらも、USカレッジ・インディ・ロック(The Replacements、Husker Du)のようなオルタナ性や影のあるキャッチーさも匂わせます。当時のインディーシーンのいいとこ取りみたいな感じなんですが、それらを均して出来上がった作品ではなく、練り上げて昇華されたグッドメロディな作品になっています!意味分かんない表現ですね!
たまに自分で読み返してみると「こいつ何言ってるんだろうか???」って多々なります。

当ブログは基本的に文章すっ飛ばして、そのアルバムの試聴用記事的な用途でもOKな作りにしているので、文章は読まなくても大丈夫ですよ!
以前海外の方に「俺のファッキン大好きなバンドの記事探したらここにファッキン辿り着いた。お前のファッキンブログ読みてえんだけど。中国語じゃなくて英語で書けファッキン」と言われた事がありましたが、僕は基本的に英語がファッキン苦手なので、こういうスタイルにしました。
嘘です。

良ければ今後共よろしくお願いします。




0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...