Joan Of Arc / Life Like (2011)



一言レビュー「シカゴポストロックの雄が繰り出す傑作の11th」

Genre: Post Rock/Indie/Experimental
For Fans of: Cap'n Jazz, Make Believe, Ghosts & Vodka
Country: Chicago, US.
Label: Polyvinyl/AND RECORDS

1. I Saw the Messed Binds of My Generation
2. Love Life
3. Like Minded
4. Life Force
5. Night Life Style
6. Howdy Pardoner
7. Still Life
8. Deep State
9. After Life
10. Meaningful Work(*)
11. The Thing in Things(*)

Myspace

皆さんお久しぶりです。こんなブログを見に来て下さりありがとうございます。最近忙しいので更新頻度がまちまちになってしまうので、訪れて下さる方にはご迷惑をおかけいたします。基本的にツイッターで更新する度に更新記事がポストされるようになっているので、更新のチェックが面倒な方は僕のアカウントをフォローして頂くと楽かもしれません。(※下らない事も呟くので、僕の呟きの内容をよくご確認をして頂くことをおススメめいたします。)一声かけていただければフォロー返しすると思います。WOH64というアカウント名でやらせて頂いています。
って言っても・・・そんなにこのブログを熱心にチェックしてくれる方んなんていないと思うんですけどねえええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!

ポストロックというものはこんなにもエモーショナルな音を鳴らすサウンドなのか!と思わせてくれた、アメリカのポストロックシーンでも最重要バンドの一つといえるJoan Of Arcの最新作をれぶー。

Love Life


元Cap'n Jazzのティムキンセラを中心に結成されたこのバンドは、同バンドより更にアンビエントな作風のバンド。粗雑で掻きむしるようなエモーショナルさを抱えたカレッジロック的なサウンドでもあったCap'n Jazzでしたが、このバンドでは色々展開や構成がよく練られていて、丁寧に作られてる印象もあります。その作り込み様がマスロックっぽい感じもあるかも。
しかしながらティム・キンセラが歌うバンドと言うことで、あのヘナチョコなヘタレヴォーカルは健在していますし、Cap'n Jazz時代のようにそこから繰り出される何とも甘酸っぱい感情を体験することが出来ます。
特に今作は、Cap'n Jazz時代の盟友ヴィクター・ヴィラリール(Gt)が参加しており、あの時代を彷彿とさせるようなフレーズを奏でています。

今作は11thとかなりキャリアの長いバンドみたいなんですが、僕は今作が初めての購入。そもそもキンセラサウンドに魅了されたのが今年なので、まぁ当たり前なのですが。つまり過去との比較が出来ません・・・申し訳ないです。
他の方の評価を見る限り、彼らの作品を相対的に見るとここ最近では最高傑作に近い出来だという意見がよく見られます(勿論イコールそれがファンの総意だとは思いませんが)。

Night Life Style


確かに僕の思うこういうポストロックって、耽美で内省的で、鬱々としたイメージでした。空間、あるいは心象風景を芸術的・抽象的に音で表現したサウンドって感じ。あくまで僕のイメージですが。
しかし今作"Life Like"はふわふわしてて抽象的なイメージなのはそうなんですが、何処か肉体的なサウンドの持つヒリヒリとした緊張感があるんですよね。マスロックの整合性は確かにあるんですが、同時にCap'n Jazz時代のあの「下手なんだか上手いんだかわからないサウンドが放つ危うさ」みたいなのがあって、ドキドキもします。
そういう「ドキドキさせてくれる危うさ」って、僕の想像していたポストロックに存在するとは思わなくて、結構ショッキングでした。僕のイメージでは「俺音楽わかってるんだぜ、へへへ。」みたいに自称上級者がドヤ顔で聴く人が聴く玄人志向の音楽だと思ってたので、もっと取っ付きにくくて、分かりにくいと思っていました。でも進研○ミのお陰で変わりました!たった一日数十分で今日の授業の内容がスラスラ頭に入る!苦手だった数学も面白いように解けて、ライバルのあいつにも差をつけて恋も部活も絶好ry

冗談はさておき、本当に否定的なイメージしかなかったんですが、思ったよりスリリングなサウンドでのめり込むようになりました。そういった魅力がこのバンドにはあると思います。シカゴを代表するの90's年代の名プロデューサースティーブ・アルビニ(ニルヴァーナ、ピクシーズ、スーパーチャンク等)を制作に迎えたのも、良い意味で影響があるのかも?
僕のようにパンクが大好きで、ポストロック(笑)と思ってる人も、一度試しに聞いてみては如何でしょうか?もしかしたら僕のように音楽観が少し変わるかも?わかんないですけど。

でも個人的にはキンセラ関連ではそこまで上位に好きではないバンドだったりして・・・(笑)今年出たキンセラ関連の作品で言うとAlgernon Cadwallader=Maritime>Owen>Joan Of Arcなんですよね。
それでも4つを相対的な好みで比較したにすぎないので、絶対的に評価すればどれも素晴らしい作品であることには間違いありません!オススメですよ!

Deep State





0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...