The Hooters / Nervous Night (1985)



一言レビュー「あの"Time After Time"を創りだしたバンドの名作。」

Genre: Rock/Pop/Traditional
For Fans of: Dave Matthew's Band, John Mellencamp, Billy Joel.
Country: Philadelphia, US.
Label: Colombia

01. And We Danced
02. Day By Day
03. All You Zombies
04. Don't Take My Car Out Tonight
05. Nervous Night
06. Hanging On A Heartbeat
07. Where Do The Children Go
08. South Ferry Road
09. She Comes In Colors
10.  Blood From A Stone

Official

And We Danced


何これもう超名曲過ぎてもう何がなんだかわせdrfcvtghbkjんもkl,lp...
イントロのマンドリン的なヤツと鍵盤ハーモニカのノスタルジックさったらないし、いざ楽器隊皆が入った時の爆発力もぶっ飛ぶくらい熱いし、1:15のブレイクしてギターだけ弾くフレーズで僕はいつも逝きそうになります。

フォークやカントリー、レゲエやスカなどトラディショナルな音楽をポップなアメリカンロックに詰め込んだ素晴らしいバンド、The Hootersのヒット作の2ndをれぶー。
まず何が良いって、こう色々な音楽や要素を入れているのに、ちゃんとアメリカンロックしてるんですよね。少なくとも僕も思うアメリカンロックを。ちなみに僕の思うUSロックってのは、聴いているだけでアメリカの空気や大地を感じさせてくれる音楽です。超感覚的ですね。

ちなみに上記の音楽以外にも、アコーディオンを弾くメンバーがいるなど、ケイジャンやサディコと行ったトラディショナルなサウンドを取り入れているそうな。ちなみにケイジャンやサディコなんて初めて聴いたのでウィキで調べました。どちらもアコーディオンを用いたフランス系移民の音楽だそうです。

Hanging On A Heartbeat


一言レビューでも書きましたが、このバンドのキーボード/ボーカルのRob HymanはCyndi Lauperの"Time After Time"の作曲者とも有名です。他にもJoan Osborne、Patti Smith、Carole King、John Lennon、Mick Jagger、John Bon Jovi等とも共同制作やライブサポートしているそうな。超凄い。
ギターボーカルのEric Bazilianも同じくCyndi Lauper、Patti Smith、John Bon Joviや、Journey、Ricky Martinとも仕事をしています。
錚々たるアーティストにも才能を認められた彼らの楽曲は、やっぱり素晴らしいメロディにアレンジなんです!

Time After Time


僕は"Time After Time"の作曲者のいるバンド・・・という気持ちでこの作品を手に取ったんですが、確かに彼らが作ったんだとわかるギターフレーズ、アレンジ、空気感でニヤニヤが止まりませんでした。そしてこの本人達による"Time After Time"を聴くと・・・成程・・・ぶっちゃけこっちの方が良い・・・。でもCyndiが歌ったから売れたんだと思いますけどね。彼女の声やパフォーマンスはそれはもう魅力的ですし。
でもアレンジとかに関してはオリジナルバージョン的なこっちの方が好みです。しっかりとThe HootersのTime After Timeになっていて、アレんジやフレーズにThe Hooters節が満載なんです。もはや彼らのファンになってしまった僕としてはこちらに軍配が上がってしまうんですよ。

Blood From A Stone


カントリー等のUSトラッドなサウンドが好きな人にもオススメですし、80年代の底抜けにポジティブなサウンドが好きな人にもオススメ!!






0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...