Math The Band / Banned The Math (2008)



Rate: 8.0/10.0
Genre: Nintendocore/8bit/Electronica
For Fans of: I Fight Dragons, Anamanaguchi, Saitone.
Country: Rhode Island, US.
Label: Self Release



01. Hey Dude! (A Prelude)
02. Let's Hear It for Capitalism
03. Leeeeetttsss Gggooooooo!
04. Blue Skies and Blue Jeans
05. Wear Wolf Fever
06. My Algebra Teacher (Sold Herion)
07. The Water Cycle
08. Everyone Is Embarassing
09. Following All the Rules Is Not a Crime
10. You Can't Spell
11. Four Square or Square Ball
12. Upside Down from Here
13. The Alphabet Using Spellcheck
14. The Order of the Planets Form the Sun
15. Homework Sucks
16. Techno Machine (With a Laser Beam)
17. Dinosaurs Were Made Up By the Cia to Discourage Time Travel
18. Shoeless Wonder
19. Third Sunday of October the First
20. Shark Attack

Myspace

Wear Wolf Fever


8bitサウンドっていう、ある種限られた音の中で20曲も表現しているので、後半ちょっと飽きがきてしまうのがちょっともったいないくらい、面白いバンドでした。
普段余りニンテンドーコアなるジャンルを聴かないので、このアルバムを聴いていて楽しくて仕方なかったです。ファミコン大好き人間にはたまらな過ぎるサウンドでもうヤバかったです。

ニンテンドーコアと聞くと、まず思い浮かぶのがHorse The Band。彼らの曲を初めて聞いた時は爆笑したもんです。ファミコン音源のような8bitサウンドを使った音楽、Chiptuneの存在を知らなかった僕は、彼らを盲点を付いた素晴らしいバンドじゃねえか!と思っていました。イロモノバンドとして僕の中でそのまま終わってしまいましたけど、ニンテンドーコア界の重鎮みたいですね・・・これを機にまたチェックしてみたいです。
日本だとヒゲドライバー氏にハマって以来Chiptuneという言葉を知り、少し漁ってみたわけですが、ヒゲドライバー氏程心を揺さぶるアーティストに出会えずに、そのままそのジャンルの掘り下げは終了してしまったわけですが・・・

LEETTSSS GOOOOO!!!!!


それからしばらく経ち、TwitterのTLで偶然知ったこのMath The Bandというバンド。このアングラ感というかインディー(インディペンデント)感溢れるパンク/パワーポップサウンドに、チープな8bitサウンドが所狭しと襲いかかってくるMath The Bandミュージックは、聴けば聴くほどバカバカしくなってきて思わずニヤってしてしまいます。
意味不明にハチャメチャっていうわけじゃなく、本人たちは真面目に作っているんでしょうが、時折感じる日本のファミコン音楽の匂いにどうしても反応してしまうんです。アレ・・・このフレーズとか展開なんか既視感が・・・っていう(笑)

こういうサウンドに近いバンドでI Fight Dragonsを挙げましたが、彼らと違う部分はI Fight Dragonsは楽曲そのもの、メロディやアレンジがしっかりとロックだったりパワーポップだったりするバンドサウンドなんですが、このバンドはあまりそういうのを感じさせないんですよね。肉体的ではないというか・・・ヴォーカルもメロディを奏でつつパーカッションの役割もになってる楽器って感じだし、全編打ち込みのゲームのサントラCDって印象。
だから聴き流すと不思議と心地良い・・・それも物凄く。それで慣れてきてしっかり聴きこむとまた新たに発見があってハマってくる。

My Algebra Teacher


さっき肉体的じゃないと言いましたが、二人組でしっかりライブ活動やってるみたいだし、ライブだと大分印象が変わって聴こえそうです。
ちなみに最後の曲のShark Attackの別バージョンでピアノの弾き語りで真面目に歌ってるやつがあるんだけれど・・・歌がへなへなで思わず笑ってしまいます。わざとなのか大マジなのかわかりませんが凄く良いです。こういうノリもなんかインディペンデントな感じ。

Nintendocore、Chiprune好きのみならず、パワーポップとか好きだったら是非聴いて欲しいですね。後ファミコン好きにも。







0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...