(90's Emo名盤選) Sense Field / Building (1996)



Rate: 8.2/10.0
Genre: Emo/Alternative/Rock
For Fans of: Sunny Day Real Estate, Samiam, By A Thread.
Country: California, US
Label: Revelation Records


1. Overstand
2. Outlive The Man
3. Differnet Times
4. Leia
5. No Man's Land
6. Will
7. Building
8. Shallow Grave
9. Fiesta
10. Everyone I See
11. In The Light of Things
12. Wondering Time
13. Sight Unseen

Myspace

Outlive The Man


ハードコアバンド"Reason to Believe"のメンバーが結成したエモーショナルなオルタナティブロックバンド、Sense Fieldの2ndアルバムをれぶー。

元ハードコアバンドってだけあって、パンクのガチャガチャ感だったり、ハードコアの疾走感はあったりして、Mineralとかみたいなポストハードコア系のエモが好きな人にもオススメが出来ます。またそういったサウンドに、メロディやリフは90'sオルタナティブな影のあるヒネたメロディだったりするので、Jimmy Eat Worldみたいなロック系のエモが好きな人にもオススメ。
何でこの2つを引き合いに出したのかというと、この3バンドが3way Splitを出してて、ツアーもしている仲だからっていう。

Will


1991年から2004年と結構長い事やってるんですね。エモバンドって何か短命なイメージなので。90年代のバンドは00年代を迎えずに解散・・・みたいな勝手なイメージが(笑)

あ、後このボーカルの声を聴いてピンと来た人もいるかもしれませんね。(僕は全然ピンと来ませんでしたけど)。ボーカルのJonathan Bunch(Jon Bunch)は、3rd"Hide Nothing"以降のFurther Seems Foreverのボーカルもやっていました。2004-2007年の間、解散までボーカルを務めていたようです。こちらとあちらではちょっと歌い方違いますけど。
※その後Further Seems ForeverはオリジナルボーカリストのChris Carrabba(Dashboard Confessional)を迎えて、2010年から再結成しています。

Jon Bunch時代のFSFの楽曲はこちら
Further Seems Forever - "Light Up Ahead"
貼付不可だったので、リンクのみです。

No Man's Land

飛び抜けてエモーショナルだとか、叙情的であるとか、アンビエントであるとか、激しいとか、展開がヤバいとかそういう感じではなく、シンプルにパンクあるいはロックしてる印象です。聴く人によっては物足りなさを感じる人もいるかも知れませんし、逆に程よいバランスであると感じる人もいるでしょう。
パンキッシュでエモーショナルなオルタナティブ・ロック・・・という言葉に反応した方はオススメです。



0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...