Misser / Every Day I Tell Myself I'm Going To Be A Better Person (2012)



Rate: 8.6/10.0
Genre: Emo/Pop Punk/Indie
For Fans of: Transit, Into It. Over It., Man Overboard.
Country: Massachusetts, US.
Label: Rise Records


01. Permanently
02. Time Capsules
03. Bridges
04. Weightless
05. Just Say It
06. I'm Really Starting To Hope The World Ends In 2012
07. Reconnect This
08. Stay Asleep
09. Bad News
10. She Didn't Turn Out To Be That Cool
11. I'm Sick?
12. Sanity
13. The Waits

Facebook 

Just Say It 


ポップパンクバンドThis Time Next YearのBrad(Vo/Gt)と、もはやエモバンドとなりつつあるメロディックハードコアバンドTransitのTim(Gt/Cho)で結成されたMisserの1stをれぶー。このバンドで言うと、Bradはヴォーカルで、Timはギターヴォーカルらしいです。Bradは新作では余り歌っていなかったので、楽しそうですね。

サウンド的には、あくまでもPop Punkの力強いフックのあるメロディを基調としつつ、Indie系Emoを思わせるアプローチをしてるって感じ。初期This Time Next Yearで聴けた、力強いBradのヴォーカルがよりメロディにフックをもたらせているように思います。まさに初期TTNYと現在のTransitを合わせたようなサウンドで、お互いがやりたい事やれてるバンドなんだと思います。

Reconnect This


Emo系のバンドでもフックのある多くバンドはいますが、ここまでPop Punk的なキャッチーさを強調しながらも、その叙情性やエモーショナルに訴えてくるものが薄れないバンドは中々居ないのではないのでしょうか。※単純に僕が知らないだけかもしれませんが。
所謂痒い所に手が届くバンドみたいな感じ。「サウンドが少し違うバンドから、やりたい音が共通する同士を見つけてバンドを組む→痒い所に手が届きまくりのサウンドでヤバい。」みたいな展開は、Soleaもそうでしたよね。Texas Is The ReasonとSamiamのメンバーで結成されて、どちらのバンドの影響も感じつつ、どちらのバンドの音でもない・・・って感じが最高でした。

Solea - Apotheke


なよなよ系、あるいはチャラチャラしたエモではなく、そのパンクのタフなメンタリティ・アティチュードを何処か感じさせる彼らの力強いエモーショナルサウンドは、もしかしたらポストハードコア系の初期エモを好む人の琴線にも触れるかもしれません。勿論Transit、This Time Next Yearファンは要チェックです。

エモ・リバイバルなんてのが結構前から言われてるそうで、本家のシーンも盛り上がりを見せてるそうな。それに関係するかしないかわかりませんが、ここ数年でパンクバンドやポップパンクバンドでエモ寄りなサウンドに傾倒するバンドが増えてきましたし、エモ好きのみならず、パンク・ポップパンクリスナーにとっても身近なサウンドになったと思います。そういう意味でこのバンドのバランスの良いサウンドは、僕みたいにエモを聴き始めた人にも入りやすいサウンドじゃないかと思います。

She Didn't Turn Out To Be That Cool






0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...