The Enemy / Streets In the Sky (2012)



Rate: 8.0/10.0
Genre: Alternative, Modern Rock, Punk Rock.
For Fans of: The Jam, The Subways, Twisted Wheel.
Country: Coventry, UK.
Label: Cooking Vinyl
Myspace


1. Gimme The Sign
2. Bigger Cages (Longer Chains)
3. Saturday
4. 1-2-3-4
5. Like A Dancer
6. Come Into My World
7. This Is Real
8. 2 Kids
9. Turn It On
10. It's A Race
11. Get Up And Dance
12. Make A Man

Saturday


海外のレビューなんかをちらっと見てみると、低評価気味な今作。しかし個人的にはキャリア最高に痛快なロックをかましていてかなり好きです。
スタイリッシュでクールな踊れるロックじゃないですし、近年のIndie Rock独特のユニセックスな感じのロックではなく、やたら漢らしい雰囲気だし・・・10年くらい前だったら大絶賛だったのかな?なんて理由を色々穿ってしまいますが・・・ともあれ周りがどう評価しようが、自分が気に入れば問題なし。

そんなイギリスはコベントリーの3ピースロックバンド、The Enemyの3rdをれぶー。

まあ低評価といっても、もはやデビュー以降アリーナやスタジアムで集客出来る程の実力・人気を持ったバンドになりましたからね。そうなってくるとそういうサウンドが好きじゃない人の耳にも届くし、そういう人がレビューする事もあれば低評価になるのかなと。
まあそういうかなりファンよりな偏った見方をしてしまう程、シンプルにロックしてる良いアルバムだと思います。
ともすればThe Clash、The Damned等のようなUK Punkサウンドと言えるシンプルさと力強さ。ただ音の鳴り方や作り方がスタジアムでも問題ないスケールを感じさせるモノなので、パンク独特のやり切れない衝動的・破壊的な粗雑感みたいなのはなく、良い意味で(人によっては悪い意味で)大衆的なサウンドになっています。

This Is Real


ぶっちゃけ1stも2ndも友人から借りて聴いた時はここまで良い感じのバンドだとは思ってませんでした。恐らく聴きこんだりすると1stも2ndも良いイメージだったりするんでしょうが、パッと聴いた第一印象だと今作が一番良いです。

理由としては変化球無しでどストレートに疾走する力強いロックナンバーたち。所々で確かに感じるパンクロックのフレーズや雰囲気(青臭い感じとか)が聴手をワクワクさせるし、何よりこれを聴いて外を歩けば、何だか自信が付いて強くなった気がします・・・これってパンクロックですよね?(意味不明)

そして、"Bigger Cages (Longer Chains)"、"Come Into My World"、"Turn It On"、"It's a Race"、"Make a Man"のようなパンクっぽい曲も格好良いんですが、そのパンクサウンドにThe Enemyっぽい90's以降のUKモダンシーンを取り入れたようなダイナミックなロックナンバー"Saturday"、"1-2-3-4"、"Like A Dancer"、"This Is Real"がツボです。こういう曲になるとメロディがグンバツに良いですよね。

1-2-3-4


UKロック、特にオリジナルなロンドンのパンクロックや男臭いロックが好きな人、サビは拳を上げて合唱したい方はオススメな作品だと思います。




0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...