The Starting Line / Say It Like You Mean It (2002)



Rate: 9.4/10.0
Genre: Pop Punk, Rock, Emo.
For Fans of: Blink-182, New Found Glory, Saves The Day.
Country: Pennsylvania, US.
Label: Drive-Thru Records
Official


1. Up & Go
2. Given The Chance
3. Leaving
4. The Best Of Me
5. A Goodnight's Sleep
6. Almost There, Going Nowhere
7. Cheek To Cheek
8. Hello Houston
9. Decisions, Decisions
10. Saddest Girl Story
11. Left Coast Envy
12. The Drama Summer
13. This Ride

Up & Go


Drive-Thruの看板バンドと言える程、ここ日本でも人気のThe Starting Lineの代表作をれぶー。
New Found Gloryよりも更に青空爽やかサウンドな為に、人によっては「俺にとってはこれこそポップパンクなんだ!」と思う程のハート直撃系のエモーショナルさを持っています。

このバンドはメロディが素晴らしくキャッチーで、聴く人の心を揺さぶるエモーショナルな物をもってる彼らですが、個人的にはそのメロディを生かすアレンジや展開が素晴らしいと思います。

例えばコーラスの重ね方が凄く綺麗ですよね。ボーカルの数度上(下)を重ねるコーラスだけではなく、追いかけるように主旋律を覆う感じのコーラスが入ると楽曲のエモーショナルさやメロディの美しさが一層輝きます。

The Best Of Me


ギターアレンジや曲展開なんかも、彼らのメロディの良さをぐっと押し上げていると思います。
ギターアレンジもパワーコードゴリ押しでもなく、テクニカル全開ってわけでもなく、本当にメロディを印象的に見せる味付け程度な感じ。シンプルに格好良く、簡単なようで難しいと思います。
展開は凄くシンプルで「INTRO→VERSE→PRE-CHORUS→CHORUS」だったりと、印象的なCHORUSのフレーズにかけて盛り上がるような展開。そういう意味で洋楽が得意じゃない人でもしっくり来るモノがあると思います。日本でも人気があるのもこういう所かもしれませんね。(ポップパンク全般に言える所かもしれませんが)

他にもThe AtarisとかUseless ID辺りのKung Fu系のポップなメロディックバンドの哀愁を時折感じさせるメロディ性なんかも、個人的にはツボです。

Saddest Girl Story


一度聴いたら忘れられないCHORUSを持つアンセム"Best Of Me"を筆頭に、オープニングから名盤を予感させる爽快エモーショナルナンバー"Up & Go"。駆け抜けるパートと縦ノリのサビのムラが見せるスピード感が気持ち良い"Almost There, Going Nowhere"、The AtarisやUseless IDを彷彿とさせるメロディック系の哀愁を感じさせる"A Goodnight's Sleep"Decisions," "Decisions"等など良曲揃い。
個人的には"This Ride"が完成度高くて好きです。ラストの曲にふさわしいエモーショナルに聴かせる大人しい曲なのかなあ?と思わせといて、中盤からロッキンなリフ入れたりして力強さと疾走感が増して来て、楽曲のテンションが昂ぶってくるんですよね。シャウトなんかも入っちゃいますし。アウトロが最高過ぎます。このアルバムといえば"The Best Of Me"ですが、負けないくらい名曲だと思ってます。

ポップパンク好きならまず間違いなく手に入れておきたい一枚です。是非!意外とTSUTAYAとかで500円くらいで売ってたりするのでチェックしてみてはいかがでしょうか?

7月末までDrive-thruの投票企画を受け付けているので、未だの方は是非投票してみて下さい。50票行けばいいなあなんて思っております。ご協力よろしくお願い致します。





0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...