Set Free / Set Free (2012)



Rate: 8.2/10.0
Genre: Hardcore/New School/Easycore
For Fans of: A Day To Remember, It Prevails, Across Five Aprils.
Country: Florida, US.
Label: Eulogy Records.
Facebook: http://www.facebook.com/setfreefl


01. Believers (ft. Daniel McWhorter of Gideon)
02. Broken Homes
03. Go
04. Interlude
05. Man-Made World
06. Out Of Words
07. Search and Destroy (ft. Josh White of Strengthen What Remains)
08. Strung Out
09. A Force To Reckon With
10. Addiction and Conviction



フロリダのハードコアバンドA Hope For Tomorrowが改名し、新たにSet Freeとして1stアルバムをリリースしました。
現行のパンク・ハードコアシーンに於いて、人気のサウンドを良い感じに纏めてきてます。根っこには疾走感のあるオールドスクールなハードコアがあると思うんですが、Shai Hulud/Strongarm/Poison The Well/Remembering Never等を輩出したフロリダ出身って事なのか叙情派New Schoolな感じも持ち合わせていて、同じく同郷のA Day To Remember/This Day Will Tell/Scream Out Loud的なPop Punk/Hardcoreっていうラウドでキャッチーな感じもちょっとあったりで、好きな人にはたまらん感じかも。

個人的に"Strung Out"の初っ端の畳み掛けっぷりにはShai HuludとかThe Ghost Insideを彷彿とさせて最高でした。個人的に後半の曲が叙情派っぽいエモーショナルなフレーズが印象的に絡んでくるので、好きですね。



確かに格好良いんですが、叙情派系の人気バンドと比べるともうちょっと何かが突出してたら良いかなあなんて思いました。人によってはバランスよくまとめ過ぎたせいで、パッとしなかったり今ひとつな感じに思う人もいると思います。
その突出する部分が、メロパートをよりキャッチーにするのか、増やすのか?あるいはもっとエモーショナルなフレーズを入れるのか、展開をもっとドラマチックにするのか?まあ別にサウンドを変える必要もないのかもしれませんが、個人的にはもうちょっと武器になる部分がアレばなあなんて思います。


でもSearch and Destroyは間違いなく名刺代わりのキラーチューンとしては申し分ない曲だと思います。もし今のままバランスよくやってくのであれば、これくらい質の高い曲をやっていけば間違い無く僕のドツボのバンドになりそうです!


0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...