Smile And Burn / We Didn't Even Fight Yet (2012)




Rate: 9.0/10.0
Genre: Indie Rock/Punk/Hardcore
For Fans of: Polar Bear Club, Death is not Glamorous, Nightlights.
Country: Berlin, German.
Label: Fond of Life
Official: http://www.smileandburn.com/
Bandcamp: http://fondoflife.bandcamp.com/album/we-didnt-even-fight-yet


01. Dark Days Bright Nights
02. You're Tied For The Lead
03. Leaving Harbours (Shelf-Life)
04. Long Night's Fiasco
05. Thank You Ben
06. Shut Down
07. Stadiums
08. Read The Fucking
09. Missed Flights And Opportunities
10. White Knuckles
11. High-Five At A Mars Bar Party

ヤバい!!!前作と同じくFond of Lifeからのリリースされたドイツのエモーショナルなハードコアパンクバンド、Smile And Burnの2ndアルバムをれぶー。



Fond of LifeのOfficialは全然更新されてないので、あそこから新作はリリースは無いのかなあ?と思っていたら、Official Bandcampページにて更新されまくりな件。その中にはSmile And Burnの作品も!

そしてこれがまた格好良いんですよ。上記の"You're Tied For The Lead"、あるいは"Missed Flights And Opportunities"を聴けば感じてもらえると思いますが、叫ぶように歌うヴォーカルと、轟音サウンド・・・その中でもしっかりとメロディアス・エモーショナルなフレーズを奏でています。そして何より気持ち・心だけでなく、彼らの肉体そのものも音に預けてぶつけて来るような、ストロングメロディックバンドさながらのパワフルなサウンド・・・流石のFond Of Lifeクオリティだなと。

Leaving Harbours


かと思えば、"Leaving Harbours (Shelf-Life)"みたいなこういう熱くてエモーショナルな曲も書けるっていう。Samiamばりの泣き叫ぶようなヴォーカルがたまりません。"Stadiums"なんかはTopshelf Records顔負けのIndie Emoっぷりを発揮しているとも思います。

後、メロディックバンドのリフって言うよりはロック色の強いリフが多い印象ですね。例えば"Long Night's Fiasco"みたいに煽るような16ビートにシンガロングパートを乗せたノリノリな曲もあるし、"Thank You Ben"はロッキンなガレージハードコアパンクって感じだし。中でも"Read The Fucking"のVERSEのリフとCHORUSの畳み掛けるヴォーカルが生み出すドライブ感が最高に格好いい!



そしてこれらの彼らの魅力全てが詰まった"White Knuckle"!疾走感やメロディ、リフの格好良さは勿論、バンドから放たれる熱量にあてられてテンションがおかしくなりそう!

前作の青臭いエモーショナルパンクサウンドから一皮むけて、渋みも出てきた2ndアルバムでした。引き出しも増えた感じありますし。前作と合わせて聴くと、僕のツボを死角無しに攻め立ててきます。
前作気に入った方は勿論、パンク好きなら是非一度は試聴してみて欲しい作品です。気に入るかどうかは聴き手次第ですが、きっと気に入るはず!





iTunesで買うより、AmazonのMP3 Storeで買ったほうが安いです。

0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...