I Call Fives / I Call Fives (2012)



Rate: 8.1/10.0
Genre: Pop Punk
For Fans of: Heroes For Hire, Major League, With The Punches.
Country: New Jersey, US.
Label:  Pure Noise Records.
Facebook: http://ja-jp.facebook.com/icallfives

1. Late Nights
2. Obvious
3. Backup Plan
4. The Fall Guy
5. Stuck in ’03
6. Enemy
7. Wrong Things
8. Two Sides To Every Story
9. We Were Right Together and We Were Wrong Together
10. Regrets and Setbacks
11. Sleep Well
12. All You’ve Got Left

US Pop PunkシーンにおいてNext Big Thingを期待されているNew JerseyのPop Punkバンド、I Call Fivesの待望の1stフルをれぶー。


Late Nights


1st EP"First Things First"時のヴォーカルJames Corbiのちょい細めでエモーショナルな声が、Saves The Dayだったりを彷彿とさせていて、他のPopなバンドとはそこら辺で一線を画していた感のある彼らですが、EPリリース後に脱退。(現在はIndie Emo meets Pop PunkなバンドTrue Thingsでプレイ)

2nd EP"Bad Advise"には現ヴォーカルのJeffが加入。鼻にかかった声ながらも、こっちの方が芯があってタフな曲に向いている声質って感じです。現行のPop Punkシーンの主流の1つであるタフでストロングなサウンドってのには、確かにこっちの方が合ってるかもしれませんね。そういう方向性がやりたいからJeffを加入させたのか、Jeffに合わせてこうなったのか・・・は憶測に過ぎませんが、やはりヴォーカル変わってからサウンドの変化は間違いなくあったと感じます。まあブレイクダウン入れたり、Four Year StrongとかA Day To Rememberみたいなゴリゴリしたリフもあるわけではないですが、1st EPと比較してという事で。


Backup Plan


それで何が言いたいかというと、やはりJamesが居た時期の方が個人的には好きかなあと。別に全部が全部、エモーショナルな音の方が好きで、パワフルなサウンドの方が嫌いってわけではないんですが、やはり彼らに関しては昔の方が好きな曲が多かったです。
勿論今作は間違いなくレベルの高い楽曲が揃う、良質なPop Punkアルバムではあるんですが、
いつもこのアルバム聞くと1st EPやTrue Thingsの1stフルを聴きたくなってしまいます。

ただサウンド的には垢抜けた感じがあります。前のはDrive-thru直系な青臭い00年代初期のPop Punkを追い求めるなよっとした印象だったんですが、今作では少し今風のサウンドになっている感じ。その変化が良い!って人もいれば、前の青臭さが良かった!という人も色々いると思います。


Wrong Things


まあでも劇的な変化ってわけでもないんですけどね。少なくともMelodic色の強かった2nd EPよりは1st EPの青臭さやポップさみたいなのは戻ってきていて。1st EPと2nd EPとのいいとこ取りとも取れる完成度!とも言えるかもしれませんね。まあでもうーん。

そんな訳で余り聴くことはないかもなあ・・・という感じでちょい辛めな点数にしました(僕にしては)。聴くのが辛いとか一切無く、1st EPが無ければプッシュしていた作品でしたけど・・・現状ではこの作品よりも、1st EP"First Things First"やTrue Thingsの"Alone In My Room"を推したいと思います。True Thingsの方に到ってはBandcampにてFree Downloadなので、是非ダウンロードして下さい!


I Call Fives - My Last Mistake (from "First Things First")







0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...