Title Fight / Floral Green (2012)



Rate: 8.5/10.0
Genre: Melodic Hardcore/Indie Rock/Emo
For Fans of: Quicksand, Texas Is The Reason, Basement.
Country:  Pennsylvania, US.
Label: Side One Dummy/Alliance Trax
Official: http://titlefight.tumblr.com/

1. Numb, But I Still Feel It
2. Leaf
3. Like A Ritual
4. Secret Society
5. Head In The Ceiling Fan
6. Make You Cry
7. Sympathy
8. Frown
9. Calloused
10. Lefty
11. In-Between

熱い激情系メロディックをぶちかました編集盤に、そこから展開力を身につけスケール感の増した1stアルバム。そして今作では何となく予想されていたような90's臭漂うPost Hardcore/Indie Emoへの流れ。これを良い作品とするかそうでないかは、その変化を受け入れられるかどうかに限ってきます。

Leaf


アルバムとしてのクオリティはかなり高いと思います。選曲なんかも練られている印象で、是非通して聴いてアルバムの流れを感じたいアルバムです。後半にかけての曲が素晴らしい。
そしてこのバンドはただ音に身を任せるだけでなく、彼らがマイクに齧り付いてがむしゃらにプレイしてる所を想像しながら聴くと良さが倍増する気がします。

ただ、やっぱり個人的には編集盤の時の「Lifetime×JawbreakerをHot Water Music風にかき混ぜたみたいなサウンド(意味不明)」が最高に大好きなので、あの時の彼らっぽい曲ないかなあと探してしまいました。まあHot Water Musicそんなに聴いたこと無いんですけど(適当)

※そう言えば前回の記事でHot Water Musicの今年リリースの8thをレビューしました。噂に違わぬバンドだったので、皆が大絶賛する過去の作品を掘り下げていきたいと思います。過去作の皆の反応から察するに、僕も新作よりも過去の曲の方にハマってしまいそうな予感。

Make You Cry


まあでもやっぱりそれでも大好きなバンドなので、良い所は探さずとも見つかりますし、決してオススメ出来無い作品では無いです。
全体的にミドルテンポの曲ですが、その分今まで耳を駆け抜けてしまっていたギターフレーズやら泣きのメロディを生かす展開をじっくり堪能する事が出来て、彼らの実力の高さを改めて感じます。

今作でまた1つのステージを上がり、他のバンドを置き去りにして格を上げた感のある彼らですが、その分聴手であるファンも取り残されちゃった人もいるかも?なんて彼らの方向性には全くケチを付けるつもりはないけれど(笑)
少なくとも今年を代表する好盤だし、何回も聴いているお気に入りの作品です。今作の曲をプレイしてるライブを見てると数倍格好良くなってますし、正しく彼らはライブバンドですね。
ただやっぱり僕は編集盤の時の彼らが好きですけどね!!!

Frown






0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...