(特集記事) 「Cruzian Pop Punkサウンドな日本のバンド探してみた」



Cruzian Pop Punkサウンドな日本のバンド探してみました。そこまで私もCruz Recordsの音を熟知しているわけではないのですが、私の大好きなAllやBig Drill Carを何処か思わせるサウンドを鳴らしているバンドを探してみました。
バンドそのものの音がCruzian Pop Punkではなくても、「ある曲のあるフレーズにそれを感じた」という無理矢理なモノもあると思いますが、ご容赦下さい。


Cruzian Pop Punkってなんぞや?


って事なんですが・・・Black FlagBad Brains、Descendents、Dinosaur Jr、Sonic Youth、Hüsker Dü等を輩出したSST Records傘下(?)のレーベル"Cruz Records"。そのレーベルに所属するバンドの多くが持つ、独特のリフセンスに展開、うねうね動くベース、ポップでちょっとひねくれてるメロディのMelodic/Pop Punkサウンドを鳴らしているバンドを、「Cruzian Pop Punk」と称している・・・と思います。

Cruz Recordsのバンドの曲を例にあげてみると・・・

(L-R) All - Can't Say/Big Drill Car - In Green Fields/Chemical People - Vacation.

これらに影響を受けた海外のバンドをいくつか曲であげてみると、


(L-R) Brown Lobster Tank - Sunshine/The Unknown - Disappear/
Ben Grim - Ben Grim - The Summer's Really Over/Porcelain Boys / Squeaky Clean

とこんな感じ。何となく感じを掴んで頂けたでしょうか?


本題「Cruzian Pop Punkサウンドな日本のバンド探してみた」



そして、僕はこんな感じのキャッチーなパンクロックが大好きでして。僕のブログ名もCruz Recordsの神、ALLの曲名"World's On Heroin"から取っているくらい、好きなサウンドなんです。
そんなCruzian Pop Punkというサウンドは、日本でも好きな人はたくさんいるみたいで、バンドサウンドのそのものにも影響を感じさせるバンドもいるくらい。そんな皆大好きCruzian Pop Punkサウンド好きの心を擽るような国内のバンドを探してみました。




Doping Panda




Cruz Recordsのバンドを知らなくても、このバンドを知ってる人も多いくらい知名度のあるバンドですよね。彼らのこの初期作品はCruzian好きの間でも知られているくらい、「それっぽいサウンド」です。何でずっとこうじゃなかった・・・


Hoist



Big Drill Car好きの心を撃ちぬくCruzサウンドをこのバンドを聴かせてくれます。確信犯的なギターフレーズ、リズム、展開、締め方にニヤニヤが止まりません。去年初のEPをリリースしたばかりですが、直ぐに新しい曲が聴きたくなります。

World's On Heroin: (激PUSH盤) Hoist / Hoist The EP (2012)

HONEY SUGAR MILK CHOCOLATES




この記事を書くにあたって初めて聴いたバンドで、そのままAmazonで即購入したバンドその1。Stephen Egertonばりのギターをバシッとキメてくる格好良さに惚れました。今度レビューしたいと思いますので、宜しければそちらもチェックしてみて下さい。
Review: Honey Sugar Milk Chocolates / 28 Damn's (2013)



Mugwumps 




The Broadways、Riverdales、Noise By Numbers、The Methadones等などシカゴメロディック好き御用達レーベル"Asian Man Records"からもリリースしている実力派バンドMugwumps。Indie Rock的な歯切れのいいギターに、ポップなベース、軽快なドラムから生まれるそのサウンドのルーツに、何処かCruzianな匂いを勝手に感じちゃいます。やっぱ3ピースって良いなあ。


NOFOOT 


The Hoistのメンバーも所属している・・・というかNOFOOTのメンバーがThe Hoistに所属しているって言うのが正確なんだと思いますが。THIRSTY VISION/FREEGANとのSplit EPのリリースも決まっているということで、今後も目が離せないバンドになりそう。何よりCruz好きのツボを押さえたギターがたまらんのです。
Review: Freegan & Thirsty Vision & No Foot / Lights From THE Gutter Vol.3 (2013)


NOSHOW




東京ALLこと、NOSHOW。Back Drop Bomb、Husking Bee、Asparagus、Short Circuitのメンバーで結成されたこのバンド。それぞれのバンドでしっかりとした地位を築きあげてるメンバーなだけあって、楽曲のクオリティも高し。このバンドのサウンドが、ALLというバンドを意識して作り上げられている事を正直知らなくても、「素晴らしい」と感じるファンもいるくらい。
このバンドももう活動することはないのかなあ・・・。"A Flake"とか今でも繰り返し聞くくらい好き。



Passive Chord




この記事を書くにあたって初めて聴いたバンドで、そのままAmazonで即購入したバンドその2。
All等のCruzサウンドに、90's Japanese Melodicサウンドが気持よく融合したメロディックバンド。こちらも後でレビューしたいと思ってます。
青臭くも甘酸っぱいサウンドが本当にたまらんです。これは本当にたまらんです。昨日家に届きまして、絶賛ヘビロテ中です。



Velocity




Vocalの方が「Allの"Mass Nerder"に衝撃を受けた」いうインタビュー記事を読んで、勝手に親近感沸きまくってる僕です。サウンドの形式的な部分で物凄くALLの影響を受けている・・・ってわけではないそうですが、精神性というか、ALLのヴォーカルにBill Svenson(All/Descendents)が求めている「歌心」というやつを、Velocityは持ってるのかなと感じました。そういうヴォーカル大好きです。




「他にもCruzian Pop Punkなバンドは日本にもっといるぜ!」って方がいらっしゃったら是非教えて下さい!



0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...