洋楽いいとこ取りコンピ 「Winterの付くPunkソング集めてみました」



このそれっぽい画像と共に「Winterの付くPunkソング集めてみました」・・・なんて記事書いてますが、集めた曲の大半は冬っぽくないという・・・(笑)以前やったSummerバージョンの方とは大違いですね!
洋楽いいとこ取りコンピ 「"Summer"がタイトルにある曲を集めてみました(Punk/Powerpop/Melodic編)」
洋楽いいとこ取りコンピ 「"Summer"がタイトルにある曲を集めてみました(Pop Punk/Easycore)」

あっちは「太陽が眩しく爽やかで疾走感があるハッピーな曲」って感じなんですが・・・まあ曲の印象が冬っぽくないかなってだけで、歌詞はちゃんと冬っぽいです。
今回もPunkソングを中心にチョイスしました。ちなみに毎回の如く、曲についての言及は殆ど無いです。


AFI - A Winter's Tale


"The Days of the Phoenix (2000)"

カリフォルニアのパンクバンド。
パンクファンのみならずロックファンにも知名度のある人気バンドです。ビルボード1位も取ってますしね。個人的な思い入れは余り無いのですが・・・もし聴くとしたらどれからがオススメなんざんしょ?



Bayside - Winter


"Acoustic EP (2006)"

ニューヨークのパンクバンド。
このバンドのメロディの素晴らしさったらないです。その魅力はこのAcoustic EPで十二分に体感することが出来ます。たまらん。Victory Records臭がしっかりするので、ちょい昔のScreamoのメロディが好きな人にもツボにはまりそう。



Bodyjar - Hazy Shade Of Winter (Simon & Garfunkel Cover)


"A Hazy Shade Of Winter EP (1999)"

オーストラリアのパンクバンド。
Descendents/All好きを公言しているかのようなサウンドがたまらないこのバンド。こんなオールディーズなカバーもやっていました。正直原曲のアレンジが素晴らし過ぎて、こんなにロックにするのは個人的にはちょっとあれなんですが・・・ともかくこのバンド自体は素晴らしいバンドなので是非チェックして欲しいです!
今日紹介するバンドの中でもかなり上位に好きなバンドなので、ちょっと贔屓目にプッシュ!(笑)

<Push Songs!!>
"Too Drunk To Drive"
"Self Inflicted"



Last Call - Winter Clothes


"Dog Years (2012)"

カリフォルニアのPop Punkバンド。
彼らを知ったEP"12:57"よりも格段に進化を遂げたと感じた今作。似たようなアプローチでソングライティングしている印象のPop Punkシーンで、頭ひとつ抜き出たフックのあるメロディが良いですね!

bandcamp: http://brokenarrowcllctv.bandcamp.com/album/dog-years

Pentimento - For Winter


"Pentimento (2013)"

ニューヨークのパンクバンド。
名前はTwitter等で皆さんが興奮気味に呟かれてるのを見てて、何となく頭に入っていたバンドの一つ。
クド過ぎずに決めまくってくる泣きのギターフレーズ、程良い疾走感、漢臭くもエモーショナルなボーカル、それでいて「熱苦しい」と否定的に感じない、キャッチーなメロディ。う~んたまらんです。

bandcamp: http://pentimentony.bandcamp.com/

Plow United - West Chester Nuclear Winter


"Narcolepsy (1997)"

ペンシルバニアのパンクバンド。
このバンドが大好きな人の多くが、「もっと評価されるべき!」と声を大にせずにはいられない知名度と魅力のギャップを持ったバンド。確かにラフメロディックと言うよりは、しょぼメロディックと言ってしまいそうな粗雑なパンクサウンドを鳴らしているんですが、その粗雑な音から生まれる綺麗なフレーズにハッとして、熱くてフックのあるメロディにグッと来て・・・という感じ。まるでシューゲイザー?なんてそんな高尚なもんじゃなく、等身大の衝動を詰め込んでいるからこそ、パンクキッズを熱狂してやまないのかも。
全然曲についての説明してないですね。良いんです。



Protagonist / The Winter Fire

"The Chronicle (2009)" 

フロリダのパンクバンド。
個人的にこのバンドのメロディックハードコアサウンドのバランスが最強だと思ってます!メロディックな部分とハードコアな部分とのバランスが!新譜が今か今かと待たれるバンドの1つです!
シンガロングバシバシ決めてかっちょいい!



Screeching Weasel - First Day Of Winter


"Television City Dream (2010)"

シカゴのパンクバンド。
シンプルなコードと性急な8ビートに載せたキャッチーなメロディこそが「真のPop Punk」!という人にとっては神の如きバンド、Screeching Weasel。有り体に言ってしまえばラモーンズパンクってやつですが、それを彼ら流のポップパンクとして更に昇華させ、シーンに浸透させていったのは凄いです。多くのバンドが影響を公言していますよね。
僕のブログでは便宜上こういうサウンドを「Old School Pop Punk」と呼んでいます・・・Old Schoolなんて言ったらファンの方に怒られそうですが汗
この曲はそしてアレですよね。"The First Day Of Summer"の冬バージョンって事ですよね。



Skimmer - Winter Of Discount Tents


"Starting Blocks (2011)"

イギリスのポップパンクバンド。
今年もThe Queersと来日したそうですが、去年の来日では来仙もしていたそうな・・・!何と・・・!
と言ってもそこまで大好きというか、知っているバンドでも無いのですが。今年の来日でもこの曲はプレイしたのでしょうか?
このバンドも聴いてみたいバンドの一つでもあります。何から聴いたら良いのでござんしょ。



Stephen Egerton / South For The Winter (feat. Tim Mcllrath of Rise Against)

"The Seven Degrees of Stephen Egerton (2010)"

皆大好きAll/DescendentsのギタリストにしてエンジニアのStephen Egertonのソロ作。ゲストヴォーカリストがまた豪華で、Dan Andriano (Alkaline Trio)、Tim McIlrath (Rise Against)、Chris Demakes (Less than Jake)にJoey Cape (Lagwagon) という物凄い面子。そしてMilo(Descendents)やScott(ALL/The Pavers)、Chad(ALL/Drag The River)等のAll/Descendents絡みのヴォーカリストも。
楽曲もAll/Descendentsの新作を楽しみで仕方ない人への燃料補給に申し分の無いクオリティ!特に40 Engine名義で作曲された"She's Got Everything"や"Sunny Disposition"は名曲過ぎます。
この曲も最近のRise Againstの曲より・・・なんて(笑)



Superchunk - Winter Games


"Majesty Shredding (2010)"

ノースカロライナのインディーロック・パンクバンド。
Pop Punkファン・Powerpopファン・Indie Rockファン等、多くのシーンの音楽好きを魅了するこのバンド。例の如くそんなに詳しくないのですが、試しに買ったこの作品が個人的にヒット!
このバンドは「〇〇が名作!」と人によって違うようですが、つまりはどの作品も素晴らしいってことですよね。良いように解釈すれば。



The Toasters - Winter Wonderland


"Christma-Ska (2009)"

80年代から活躍するニューヨークのスカバンド。
ある意味一番のWinterソング!(笑)クリスマススタンダードをスカらしいハチャメチャで陽気にプレイ。こりゃクリスマスにかけたら上がりっぱなしですね。




「Pinsky - Winter Street」や「Vanilla Sky -  The Longest Winter」も紹介したかったんですが、動画が無かったので割愛しました。どっちもイイ曲なんで良かったらチェックしてみて下さい。
この曲収録のVanilla Skyの新作は良い意味で予想を裏切ってくれました。1st以外あんましだなあと思ってたらこの作品ですよ。今度レビューします。

おまけ


This Day & Age - Winter Winter Spring


ex.)
The Grown Ups - Six More Weeks of Winter
Relient K - In Like a Lion (always winter)
Taking Back Sunday - Winter Passing
The Academy Is... - Winter Passing
This Day & Age - Winter Winter Spring
Punchline - Yearlong Winter

エモーショナルなバンドのWinterソングは、しっとりと切なく聴かせる曲が多い感じ。この時期にはピッタリな印象です。

0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...