Motion City Soundtrack / Go (2012)



Rate: 8.5/10.0
Genre: Indie Rock/Emo/Powerpop
For Fans of: Weezer, Punchline, Sing It Loud.
Country: Minnesota, US.
Label: Epitaph/Epic
Official: http://motioncitysoundtrack.com/

01. Circuits and Wires
02. True Romance
03. Son Of A Gun
04. Timelines
05. Everyone Will Die
06. The Coma Kid
07. Boxelder
08. The Worst Is Yet To Come
09. Bad Idea
10. Happy Anniversary
11. Floating Down the River
12. Bottom Feeder
13. Give Up/Give In
14. Alcohol Eyes

True Romance


大外れな印象の作品をリリースすることない、安定感のある彼ら。そんな彼らのまたまた安定感のある作品。
方向性のブレも無いし、メロディはもはやMotion City Soundtrack節とも言える味が既にあるし、何処か共感してしまうナイーブなJustinの情緒的な歌詞も健在。
今までの作品が好きで、今作がダメという事は無いはず。それくらい彼ららしい作品。

勿論初期と比べた時のがむしゃら感というか、「初期衝動を必死にぶつけてるけどどうしてもパンクと言うよりはエモくなってしまう、あのナードな感じ」はやや薄れていますが。その分Indie Rock/Powerpopとしての完成度は非常に高いので、逆に初期よりも今作の方がグッと来るって人も多いかも。雰囲気的には個人的には2ndの"Commit This To Memory"のメロディの感覚に近いイメージ。あそこまで音がパンクな感じではないですが・・・あの時のプロデュースはMark Hoppus(Blink-182)でしたよね。

プロデュースがEd Rose(1stのプロデューサー)とかだったらどうなってたかなあ。ちなみに今作はMinnesota/MinneapolisのEd Ackerson氏。前作も彼プロデュースのようですし、Sing It Loudも彼のようです。後期のSoul AsylumやThe Replacementsのエンジニアもやってるみたい。

Timelenes


アコースティックギターの小気味良いストロークから印象的なムーグが絡む"True Romance"、VERSE部分に何処かビルボードソングのフックを感じる"Son Of A Gun"を筆頭に、アコースティックギターのスチール弦を強調した曲が他作品より多いかなあと。ノイズの中にエモーショナルを感じるのではなく、包み込むような優しい音の中にエモさを感じるというか。今までよりも垢抜けた感じや爽やかさを感じるのも、こういう所が大きいとのかなあと。


後Epitaphに戻ってきてくれたのは嬉しいですね。やっぱりEpitaphのMotion City Soundtrackというイメージが強いので。そして関係ない話ですが、UniqloもまたUTでEpitaphとコラボして欲しいですわ。


Bad Idea





0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...