Suburban Noise / Spring Leaf (2009)



Rate: 9.0/10.0
Genre: Emo/Hardcore/Sad Melodic
For Fans of: Eversor, Lifetime, Two Line Filler.
Country: Lecce, Italy.
Label: SP Records
Official: http://www.myspace.com/suburbannoiselecce

1.Spring Leaf
2.It's Curious
3.Sunward
4.Loudly Sincere
5.Wrong
6.Unfree
7.Real World
8.Nothing But You Heart
9.You Don't Own Me
10.What Else To Say
11.Farewell
12.A Load Of Nonsence
13.Blind Little World
14.Attitude
15.Come I Fiori
16.X-Large Worn Friend

「エモと括るには激し過ぎるスピード感、ハードコアと詠うには美しすぎるメロディーライン!メロディーと攻撃性の奇跡的なまでの融合感。」早すぎたうえに速すぎたエモーショナルハードコア、イタリアの最終兵器、SUBURBAN NOISEが3枚のシングルにライブ音源を追加したディスコグラフィー盤にて日本初登場!」 KN1@Waterslide Records 
この煽り文程、彼らのサウンドを的確に表現出来ているモノはないでしょう!

そんな95年結成のイタリア出身のエモーショナルなメロディックハードコアバンド、Suburban Noiseのディスコグラフィー盤をレビュー。
欧州のこういうエモーショナルというか、サッドなメロディックバンドは本当にヤバイですね。USのパンクバンドのような力強さとかトラッドな泥臭さとかの前に、叙情性や儚さや脆さみたいなのが感じれる気がします。何て言うか聴いていて情緒的にさせるバンドが多いですね。まあそういうのを僕が選り好んで聴いているだけなんでしょうけれど。


ハイトーンなヴォーカルだからとか、美麗なフレーズを奏でているからエモーショナル!ってだけではなく、ヘナヘナしてて、初期のSaves The Dayのみたいな「いじらしさ」というか、「切実さ」みたいなのが凄く心に刺さって、グッと来るんです。PunkバンドやMelodic Hardcoreバンドにも多く「エモーショナル」と言いたくなってしまうのは、「単純な音」とは違う部分から感じれる「姿勢」や「佇まい」、「パフォーマンス」から何かしらのエモーションを感じとれるからなんですよね。そして、このSuburban Noiseにも。

基本的にすっ飛ばすように走りまくったヘナヘナメロディックハードコアサウンドなんですが、欧州のバンドらしく、ギターポップ/ネオアコ的なフレーズも垣間見えて、よりこのバンドの情緒的というか繊細さが強調されます。後、イタリア語なまりの英語ってのは、何となく音が柔らかくなる気がします。ラテン語圏のバンドに、メロディの温かみを感じるのはそういうのもあるのかしら。


楽曲に振り幅は無く、1曲気に入れば大体気に入るこの作品。まさしく好きな人にはどストライク過ぎるサウンド。しょぼメロデイック好きや、サッドメロディック好きは要チェックですし、Lifetime系のバンドが好きな人も勿論マストなバンド!GamefaceやFarside、Two Line Fillerのようなエモーショナルなパンクバンドが好きな人も是非。

しかし最後の曲"(Untitled)"はスチールギタリストによるヒーリング・ミュージックかのような心地よさですね。こういうアプローチの曲も作れるんですから、そりゃメロディックハードコアにあれだけ繊細さを出せるわけですよ。

そういえば、Suburban Noiseのメンバー(ドラム?)が在籍するTwenty Miles To Mother。これもまたヤバイですね。Suburban Noiseよりも90's Emo色が強くなってます。最近の流行的に、こっちの方が好きって人も多そうかも。

Twenty Miles to Mother


購入はこちらから


SUBURBAN NOISE / El Sonido del Suburbio CD
型番 SP-007
価格 1,500円

「エモと括るには激し過ぎるスピード感、ハードコアと詠うには美しすぎるメロディーライン!メロディーと攻撃性の奇跡的なまでの融合感。早すぎたうえに速すぎたエモーショナルハードコア、イタリアの最終兵器、SUBURBAN NOISEが3枚のシングルにライブ音源を追加したディスコグラフィー盤にて日本初登場!」
by KN1@Waterslide


イタリアのエモーショナルメロディック最終兵器、SUBURBAN NOISE!
疾走感と哀愁メロディーの見事な調和が織り成すビューティフルサウンド。
同郷のEVERSOR, MILES APARTはもちろん、LIFETIME, BROKEN HEARTS ARE BLUE, 2 LINBE FILLER, そしてSP RECORDSからリリースもあるSPRINGHILLなどが好きな人は気に入ってくれるはず!
過去にリリースした全ての音源と2008年末のReunionショーのライブ音源を追加したSuNの完全ディスコグラフィー盤、全16曲入り!

SP Recordsさんの紹介ページより抜粋)

0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...