G-Whiz / The Pop Punk Singles Collection 1989-2006 (2006)



Rate: 9.1/10.0
Genre: Cruzian/Old School Pop Punk/80's College
For Fans of: All, Chemical People, Big Drill Car.
Country: Arizona, US.
Label: Number One Punk Records
Official: https://myspace.com/gwhizband

1. Boomerz
2. Pacifier
3. Wednesday
4. Bad
5. Hedges
6. Weights-N-Lures
7. Hobbies
8. Crystalized
9. Vitamin
10. Astro
11. Slushee (Bonus)
12. Run
13. Catchup
14. Miss Jen
15. Arat
16. Ameasure
17. Crewneck
18. B.B.
19. Scope
20. Clearance
21. Sunday School
22. Dine-O-Mite
23. Big Adventure

#1-9 Eat at Eds [LP] (1992)
#10-11 New Stuff (1997,2000)
#12-13 G-Whiz/The Six [split '7] (1993)
#14-15 G-Whiz/King Friday [split '7] (1993)
#16-19 Weight-Loss Plan ['7] (1990)
#20-21 G-Whiz/Crimpshrine [split '7] (1990)
#22-23 G-Whiz/Lonely Trojans [split '7] (1989)

Bad


しょぼメロディック、B級ポップパンク…こういう表現は一見蔑称のようにも思えますが、人によってはある種褒め言葉として使ってる場合も。行き着くトコまで行ってしまうと、何かを外したモノに魅力を感じてしまうのはどのジャンルでもあると思います。聴く人が聴けば完成された丁寧なサウンドでも、無難で物足りない曲という事も。
こちらのG-WhizというPop Punkバンドもまた、日本のファンの間でCruzianな「B級ポップパンクバンド」として愛されているバンドの一つ。そんな彼らのDiscography盤をレビュー。

このシンプルなデザインで、ここまで何かイラっとさせるジャケットに鼻のでかいダイナマイト君が、セブン-イレブンで買った飲み物を持って「どうだい?」と言わんばかりのにキメているこのジャケットに、苛立ち以外の感情も沸いてきますよね?
シンプルなのに普通にインパクトがあって、記憶に残る良いジャケットだと思うんですが、一般受けはしなさそうだなあという感じ。しかしこの「一般受けはしなさそうだなあ」という感情こそが重要だと思います。こういったサブカル感が生み出し、上述の行き過ぎた人達の心を擽るんではないかと思います。

Astro


肝心のサウンドですが、Cruz Recordsのバンド(All, Chemical People, Big Drill Car等)にもろ影響を受けたCruzian Pop Punkサウンド。Cruzianサウンドって、サウンドプロダクションがしっかりしたバンドをよく聴いている人にとっては、クセの強さのせいで何処か調子はずれに聴こえると思うんです(演奏自体のクオリティは高い)。しかしこのバンドは、もしかしたら演奏も調子はずれなんじゃないか…?と疑ってしまう程、チープなサウンド。
劣化版じゃないかと言ってしまえば身も蓋も無いのですが、彼らのサウンドには何故かメロディの親しみ易さというか、寄りそうような暖かさを感じてしまうのです。この彼らのサウンドから感じ取れる、そのDIY感が「友達・知り合いのバンド感」を出してるから親しみを覚えてしまうのかも?なんて。

割りと最近の曲になると、音もクリアになって聴きやすくなってますね。新曲(?)のAstroなんかもう彼らの代表曲って言って良いくらいの素晴らしさ。

そんな彼らも初期は80's College/Indie/Punkサウンドをやってたようです。初期Descendentsや初期The Replacements、Husker Du辺りが好きな人にもイケるかも。あとGoo Goo Dollsの初期の方。やっぱりあのバンドはIrisが人気ですが、むしろその前の作品の方が格好良いんですよ。
World's On Heroin: Goo Goo Dolls / Hold Me Up (1990)

Run


全曲捨て曲なし!という作品ではないし、音のクオリティも素晴らしい!と太鼓判を押せないけれど、Punk好きの心に響く何かを持ったバンドだと思います。この記事にも添付した"Bad"、"Astro"、"Run"、"Crewneck"を聴いてそれを感じ取ってもらえたら良いなあと思います。"Crewneck"のイントロなんてグッときますよ。
他にも"Wednesday"、"Hedges"、"Ameasure"、"B.B."、"Clearance"等など聴き応えのあるCruzianサウンドも良いですね。

どこのショップでも軒並み品切れ状態であるこの作品。僕はiTunesでデジタル購入しましたが、現状はこの方法しかないのかしら?もしくは中古屋を駆けずり回るくらいでしょうか?気になった方は是非チェックを。今作と同時に再発した2nd、"She has that plastic alternative indie emo punk rock manequin look!"も良さげな感じなので、併せてチェックを!

Crewneck





宣伝


現在、「貴方の選ぶALLのフェイバリットソングは?」という投票企画をやっています。投票方法は、下記リンクにて簡単な説明をチェックしてから投票したり、面倒だという人は当ブログの左カラム中部にある"Poll"という項目から直接投票が可能です。好きな曲に好きなだけチェックを入れて、投票ツール下部の[Vote]というボタンをクリックして頂ければ投票完了です。
選曲さえ終われば数秒で終わる作業ですので、お時間のある方や興味のある方は是非参加して頂けたらと思います。宜しくお願いします。
参照記事: (投票企画) Please Vote for Your Favorite All's Songs!!
0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...