Number One Gun / This Is All We Know (2013)





Rate: 8.7/10.0
Genre: Alternative/Emo/Rock
For Fans of: Anberlin, Run Kid Run, Search The City.
Country: California, US.
Label: Tooth & Nails Records.
Official: facebook





流石のクオリティ。
Tooth & NailsのAlternative/Emoバンド特有のソリッドなサウンドに透明感のあるメロディーは健在。更に前作では割りと実験的にエレクトロ要素が多用されていた印象でしたが、今作は味付け程度にメロディーやリズムを彩っています。結果的にBillboardに並んでいても遜色のないキャッチーさを感じれて、どの作品よりも垢抜けていて表情豊かな作品って印象です。

つまりメロディーががらっと明るくなったとかいうわけではなく、感情を乗せた…それこそエモーショナルなボーカルは曲毎に違った顔を見せていて、時に明るく、時に泣き叫ぶように、こちらの心を揺さぶります。

Make This Last Forever


オープニングの"Get a Little Weird"で一気にファンのハートを鷲掴み。ザクザクと刻むギターリフが疾走していく中で、CHORUSパートで一気に開放されるように裏で鳴るシンセと共にハイトーンのメロディが展開していきます。続く"Make This Last Forever"のCHORUSの軽快な掛け合いはも心地良いし、"It"の伸びやかで甘いメロディなんかも、両曲ともエアプレイ向けなキャッチーさがあります。
人によっては、そういうAlternaitve/Emo好き、あるいはChristian Rock好き以外にもハマれる要素を感じてしまうと、「このバンドはこういうバンドじゃない」という拒否反応を示してしまうかもしれませんね。特にBoys Like Girls辺りの2ndを彷彿とさせずにはいられないチャラさを若干感じてしまった"Make A Movie"や、ダンサブルなリズムにWe Are The In Crowdっぽい女性ボーカルとの掛け合いがある"For You"なんかは、「何か違うかも…」と思ってしまうかも?

Life In The Middle

Disappear (Featuring Stephen Christian from Anberlin)


とは言え、僕としては全曲"Get a Little Weird"や"Disappear"の曲よりは、さっくりPopな曲あり、泣かせる・聴かせる曲あり、ダンサブルな曲ありの中で、従来のソリッドでロックな曲があると、よりそういう部分が強調されて、アルバムを通して聴いた時の衝撃はまた違って良いと思うんですよね。例えば、これぞChristian Rockって感じの透明感のあるメロディとピアノの旋律が美しい"Life in the Middle"からの、"Pretend"に匹敵するキラーチューン"Disappear"が雪崩れ込んでくる展開なんかたまらないですよ。
この「バラエティに富んだ楽曲の方が良い」と言える作品なのは、彼らが優れたメロディメイカーであるからで、どういったアプローチの曲でも高いクオリティで聴けるからなんですよね。商業的にヒットするかは別にして、キャッチーで取っ付き易い作品にはなっているので、初見の方も是非チェックを。"Disappear"は必聴ですよ!

Make a Movie 


Tracklist

    01. Get a Little Weird
    02. Make This Last Forever
    03. It
    04. Heartbeats
    05. Make a Movie
    06. Life in the Middle
    07. Disappear (Feat. Stephen Christian)
    08. Perfect Ones
    09. For You (Feat. Sarah Ann)
    10. Dark
    11. I'm on Fire



おまけ

Pretend

この時代のサウンドを今でも追いかけている人には今の時代は辛いかもしれませんね…気持ちは少しわかりますが。しかし良い曲。
0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...