Fullcount / Concessions & Compromises (2014)





Rate: 9.0/10.0
Genre: Fast Melodic/Hardcore/Punk
For Fans of: A Wilhelm Scream, No Trigger, Cambridge.
Country: Quebec, Canada.
Label: Unsigned.
Stream: Bandcamp
Link: facebook




このジャケであるバンドを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?Polar Bear Clubの1stアルバム、"Sometimes Things Just Disappear (2008)"のジャケットを彷彿とさせるそのデザイン。



いざプレイボタンを押せば、声質は彷彿とさせるものはありますが、似てるかと言えばそうでもない。どちらかと言えば、ハードロッキンなリフに、畳み掛けるような展開と噛み付くようなボーカルっていうA Wilhelm Scream直系のScreaming Melodicサウンドって感じ。この硬派でオットコらしいScreaming Melodicバンドの出身を調べれば納得のCanadaブランド。過去のPropagandhi、Belvedere、The FullblastやDaggermouthのような良質なMelodicバンドに続くように、AsadoやMute、CambridgeやCurbsideみたいにドンドン良いバンドが出てきますもんね。このバンドもそれに続くでしょうか?楽しみです。

所狭しと入ってくるシンガロングパート、それに負けずと攻撃的なボーカルとギターリフが重なりあい、リズム隊がファストな曲展開を力強く引っ張っていく…というような、Screaming Fast Melodicの理想的なスタイルを1stアルバムの時点で取っている彼ら。どの曲もこのスタイルを貫いて、アルバムを通して楽しめる良作だと思うので、是非ともフィジカルで流通して欲しいなあと思うのですが、中々難しいみたい。現状ではBandcampで購入って感じなので安く手に入るっちゃあ手に入るんですが…



My Favorite Songは"Thin And Loud"、"Worn Soles"、"Selfinfection"、"Meaningless"、"Strike My Balls"ですね。
特に"Worn Soles"はただ突っ込む展開なだけじゃなく、モダンな感じもあって一番Polar Bear Club好きの人のツボも付くんじゃないでしょうか。逆に"Selfinfection"のBigwigみたいに脇目も振らずに駆け抜ける展開がある曲もまた良い。
"Strike My Balls"の後半のGuest Vocalが入る所のパート(3:25〜)がかなり格好良い!と思ったら、このVocalがGet The Shot!というバンドのVocalだったみたい。これがまた格好良いバンド。この声誰かに似てるんだよな…誰だろう。

GET THE SHOT - COLD HEARTED



※ちなみに件のジャケットはこれ。似てるっちゃあ似てる。



Tracklist

01. Low Expectations
02. Thin And Loud
03. Out Of Time
04. Lost It All
05. Worn Soles
06. Selfinfection
07. No Way Out
08. Meaningless
09. Strike My Balls
10. Back To Square One

CanadaのFast Meloic Hardcoreバンドで過去にレビューした作品

オススメな作品ばかりなので、是非チェックしてみて下さい。Cambridgeは今Name Your Priceみたいなので、是非!

0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...