New Found Glory / Resurrection (2014)




Rate: 8.9/10.0
Genre: Pop Punk
For Fans of: This Time Next Year, Veara, Me Vs Hero.
Country: Florida, US. 
Label: Hopeless Records/Kick Rock Invasion.
Link: Official




ソングライティングに関わっていた、ギタリストにしてリリシスト、 Steve Kleinが色々あって脱退し、4人編成になっての初の作品。これが8枚目のオリジナル・アルバムだそうですが、彼らはここ(8th)に来てもパワフルなPop Punkを鳴らしている所を見ると、トレンドとしてのサウンドを追い求めてPop Punkに寄りかかったわけではなく、彼らにとっての極致がPop Punkなのかなと。ファンとしては一貫したスタイルでグッドメロディのPop Punkソングを歌っている彼らには好感しかないです。

Selfless


作品の内容としては、4人編成になったのでギターの重なりで曲の情緒を生み出すって事はなく、ギター1本がリズミカルで力強いリフをザクザク刻み、ドラムとベースと共にグルーヴを共有していくって感じはHardcore的とも言えるかも?いやむしろ、Hardcoreの中のRockな部分のグルーヴが他作品よりも感じられる作品って感じでしょうか。ギター1本になったからこそ、音がスカスカにならずにパワフルに聴かせるよう、そういう部分をかなり意識してるのかなと妄想。
メロディそのものは相も変わらず、Jordanの絶妙なトーンの声が上へ下へと駆けまわり、ひたすらに心地良く聴けます。今作ではリードギターがいなくなり、あるいは何処か物足りない平坦な楽曲になってしまうかなと思いましたが、前述のバンドのグルーヴをより意識した楽器陣に加え、Jordanのボーカルのメロディのエモーショナルさがより際立っているように感じました。Pop Punkに影響を受けたメロディではなく、80's Pop〜90's Rock辺りのサウンドの影響も感じられる部分も、彼らのメロディの普遍性を生み出す要因なのかも。

Ready and Willing 


とにかく、そういう意味で"Resurrection(復活)"というタイトルの意味は、僕達ファンにとっての原点(1st〜2nd)に帰るという意味よりは、彼らのルーツ(今まで聴いてきた音楽)により立ち返った意味もあるのかも?あるいは色々あってギターが1本になったけど、4人でも俺達はこれだけやれるんだぜという意思表明と取る事も出来ます。とにかく、ポジティブな意味合いである事は間違いなし、今後も活動は続けていくであろう事を期待したいですね。

"Selfless"は最初聴いた時そうでもなかったんですが、何回か聴いていく内にメロディやリフを口ずさんじゃうんですよね。そもそも「最初聴いた時そうでもなかった曲」を試聴の段階でもう一度聴こうとしない事も多い僕が、つい何回も聴いてしまう時点でその曲の魅力にハマっていたのかもしれません。そういう、「つい何回も聴いてしまう」ような魅力のあるフレーズや曲が今作には詰まっているように感じました。パッと聴きキラーチューンが無いなと感じている人も、聴きこんでいる内に今年のベストアルバムになっているかもしれませんよ。

個人的には#8"Stories Of A Different Kind"以降の楽曲が素晴らしいですね。しかし何ですか、"Degenerate"の迸る00's Pop Punk感は!!Drive Thru感溢れ出てて涎が止まりませんよ。コーラスの入れるタイミングが"Sticks And Stones"期の感じっぽいんですよね。"Living Hell"とかもたまらん。オススメです。

Stories of a Different Kind


Degenerate



Tracklist

    1. Selfless
    2. Resurrection (featuring Scott Vogel of Terror)
    3. The Worst Person
    4. Ready And Willing
    5. One More Round
    6. Vicious Love
    7. Persistent
    8. Stories Of A Different Kind
    9. Degenerate
    10. Angel
    11. Stubborn (featuring Anthony Raneri of Bayside)
    12. Living Hell
    13. On My Own (featuring Brendan Yates of Turnstile/Trapped Under Ice)


0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...