Interview: Bodyjar (Punk Rock Band from Australia)


再結成を果たしたオーストラリアのPunk Rock Hero、"Bodyjar"にインタビューする機会を頂けました!ティーンの頃より繰り返し聴いてきたバンドに質問出来るなんてドキドキでしたが、色々質問させてもらいました。






ーリリースおめでとうございます。貴方達の再結成、そして新作のリリースは世界中のPunkファンが待ち望んでいた事と思います。再結成に至った経緯を教えて頂けますか?

一度解散してから大分長いブレイクを取っていたんだけど、Descendentsがオーストラリアでツアーすることになり、そこで誘われたことがきっかけとなったんだ。そんなオファーあったら断る理由なんてないよね。最高に楽しいし、僕らはラッキーだよ。


ー前作からのブランクを感じさせない、貴方達らしい作品でした。今作を作る上で意識した事はありますか?(例えば昔のような音を出そう等)

今回はマスメディアが及ぼす影響についてテーマがあった。最近の生活は偏った話や馬鹿みたいなロール・モデルのせいで狂ってきているように思うんだ。これがメイン・テーマではあるんだけど、他にも個人的なことを歌ったりしているよ。


ー今作のタイトル”Role Model”に込められた思いを教えて頂けますか?

本当に馬鹿げたロール・モデル(お手本)が溢れていると思う。全く何も役に立たないのに有名になって馬鹿みたいな振る舞いをして…..。ああいう連中が有名ならないようにすべきだよ。


ー私が曲を聴いていて印象に残ったのが”Petty Problems”の”When your phone is out of charge now. Does your world come to a stop?”というフレーズです。
その携帯電話と世界とを繋ぐ主なツールとして、FacebookやTwitterへの多くの人の依存についてどう考えていますか?

そう、SNS中毒なんて悲しくなるよね。でも、人々は交流が大事だって思っているだろう。理由はともかく。もっと本を読むべきだよな/笑



ー毎回ジャケットのデザインは誰が考えているのですか?

ATTAKというチームにお願いしたんだ。彼らはオランダ出身でZero Skateboardsのアートワークを手掛けたりしているよ。それを見て、やって欲しいと思ったんだ。


ー今作で使用した楽器やエフェクター、アンプ等を教えて頂けますか?

凄く古いアンプでJMIというのを使ったんだけど、凄く良かった!Grantはあえてギターの4 x 12のキャビネットを使ったよ。プロデューサーのTom Larkinはレコーディング前から色々とアイデアをくれたのさ。彼は素晴らしいね。


ー今作で迎えたレコーディングスタッフはどういう人達でしょうか?そして彼らに期待した事は?

彼(Stephen Egerton)にも演奏して欲しいって思っていたんだ。だから凄く嬉しいね。彼自身の音を持っているし、それが僕らの曲で演奏されるんだからね。最高。


(Descendents/AllのGt)

ーレコーディング中のエピソード等あれば教えて頂けますか?

GrantがiPhoneを壊そうとした時に手に怪我をしてしまったんだ。治るまでベースのパートは録れなかった。


ー“Hope Was Leaving”のMusic VideoでのLagwagonのJoeyとの共演が非常に印象的ですが、あのステージ上での共演はどうやって実現したのですか?

あのビデオはMe First And The Gimme Gimmesとメルボルンで一緒にやった時、リハの時間に撮影したんだよ。どうしても出演して欲しかったし、一緒に出来ないかってお願いしたりしていたんだ。

Hope Was Leaving



ー今作はBullion Recordsから日本でのリリースもされます。今作を楽しみに待っていた日本のファンに一言お願い致します。

新作を聴いてね。間違いなく僕らのベストアルバムだよ。それから、今でもまだ僕らの事を応援したり、気にかけたりしてくれて本当にありがとう。


ー今後のツアーやライブ等あなた達の予定を教えて頂けますか?

オーストラリアで20周年記念ツアーをやるんだけど、SamiamとBlueline Medicが一緒だよ。


ーここからはあなた達のこれ迄の活動について幾つか質問させて下さい。バンドの長い活動の中で印象に残っているライブ、ツアー等はありますか?

この間のツアーがベストかな?メルボルンでは本当にたくさんの人が来てくれたんだ。日本はいつ行っても最高だね。


ー普段ツアー中等によく聴く曲・バンドはありますか?

mile davis, Fela kuti, thin lizzy, beatles, sabbath、まあ後はパンクを少々。


ー貴方が強く影響を受けているバンドはありますか?

descendents, misfits , fugazi, samaim, jaw breaker, ALL, face to face, 初期metallica。

Coolidge (Descendents Cover)



ー今のオーストラリアのパンクシーンについてどう思いますか?

もっと良くなると思う。UNFDやPoison Cityといったレーベルが頑張っているし、最近ではThe BenniesやClownsといった若手も揃ってきているんだ。

質問に答えて頂いてありがとうございました!


Review

Review: Bodyjar / Role Model (2014)
彼らの新作"Role Model"をレビューしましたので、宜しければ併せてチェックしてみて下さい!


0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...