Jack Parker / Homegrown (2014)





Rate: 8.6/10.0
Genre: Alternative/Folk/Country
For Fans of: Bob Dylan, Drag The River, Lucero.
Country: Washington, US.
Label: Unisnged
Link: facebook





Rocky Point All-Stars、あるいはPunk RockファンからすればTumbledown(Gt)、Mxpx(Tour Gt)としての活動で知ってる人も多いかもしれません。Jack Parkerのソロ1st EPをレビュー。



幼少の頃より親しんできたというFolk/Country/Bluegrassサウンドを全面に出した、彼のパーソナリティが溢れる作品になってますね。現代的感覚で再解釈された所謂Alternative CountryであったりIndie Folkであったりの匂いも感じるんですが、基本的には「古き良き」のUS Traditionalミュージックを展開しています。そういう意味で、Tumbledownみたいな音を期待するとちょっと肩すかし食らうかも。

Southern Rock節全開のオープニングナンバー"It's So Good (To Be Back Home)"はどうやら、叔父さんが所属していたCountryバンドの楽曲だそうで、叔父さんをリスペクトしてのカバーみたいです。何でもCapitol Recordsからもリリースしてたそうで、結構メジャーなんでしょうかね。
リード曲的な扱いである"I Might Love You"が続き、アメリカの壮大な大地や空気感がふわーっと感じられるFolkナンバー"The Mountain"なんかはかなりツボな曲。
そして今作で一番オススメなのが"Gone"!イントロのアコースティック・ギターの音にもうやられました。TakamineのAcousticやMartin D-28使ってるらしいです(この曲ではTakamineの方かな?)…うーん素晴らしい。心地よい疾走感の中で少しずつ音数が増えていき、楽曲に力強さが増していきます。そしてCHORUSパートでその力強さが高まっていく中で、ふっと力を抜いてIntroへと展開してく感じがたまらないですね。
そして50's Bluesな匂いの"Leave This Place"で作品を締めくくります。この曲のギターも良い音してますよね。スピーカーのすぐ後ろで本物が鳴ってるみたいな質感です。



攻撃性なんてものは置き去りにして、ひたすらに郷愁感が包む牧歌的なサウンドを、ここ最近の暑い日の午後なんかに聴いてみて下さい。きっと心にじわっと沁みるはず!夜寝る前にそっとボリュームを落として聴くのも良いですね。基本的にこういうCountry/Folkミュージックはイヤホン・ヘッドフォンで耳に直接あてて聞くよりも、LPなりCDなんなりのフィジカル媒体でスピーカーから、その場の空気感を通して聴くと良さが倍増すると思うんですよね。
聴こう!と腰を据えて聴くよりも、さらっと環境音に混じらせて聴くとかなり雰囲気出ますよ。個人的には、こういう音楽はカセットに録音して、ボロいラジカセで聴きます。ラジオから流れてくるみたいな感じして良いですよ!

I Might Love You


今作はDiskunionでフィジカルでの取り扱いもあるそうです。CDで欲しい方は是非チェックを!
Diskunion: JACK PARKER / Homegrown e.p. 

Tracklist

1. It's So Good (To Be Back Home)
2. I Might Love You
3. The Mountain
4. Put Me Down
5. Gone
6. Leave This Place

Interview 


Interview: Jack Parker (from Tumbledown, Rocky Point All-Stars)
そんなソロ作を出した彼にInterviewしてみました。今作についてや、使用した機材、また、Tumbledownへの加入の経緯について等に答えて頂きました。宜しければこちらもチェックして頂ければと思います。


0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...