Hüsker Dü / Flip Your Wig (1985)



Rate: 9.4/10.0
Genre: Alternative/Punk/Indie Rock
For Fans of: The Replacements, Moving Targets, The Lemonheads.
Country: Minnesota, US.
Label: SST Recrds
Official: http://www.facebook.com/pages/Husker-Du/33896864666

1. Flip Your Wig (Bob Mould)
2. Every Everything (Grant Hart)
3. Makes No Sense at All (Mould)
4. Hate Paper Doll (Mould)
5. Green Eyes (Hart)
6. Divide and Conquer (Mould)
7. Games (Mould)
8. Find Me (Mould)
9. The Baby Song (Hart)
10. Flexible Flyer (Hart)
11. Private Plane (Mould)
12. Keep Hanging On (Hart)
13. The Wit and the Wisdom (Mould)
14. Don't Know Yet (Mould)

Makes No Sense At All


80's College Rock/Indie Rock好き、90's Alternative好き、あるいはUK Melodic好きの心を掴んで離さないHüsker Düの4thアルバムをれぶー。

過去のレビュー
3rd: Hüsker Dü / New Day Rising (1985)
5th: Hüsker Dü / Candy Apple Grey (1986)

3rdも5thも好きだけれど、UKメロディックの哀愁さと繊細なフレーズ感というか、そういうのが好きな人は4thが一番ツボなのでは?僕も最近頓にUKメロディックサウンドなバンドに傾倒していて、今作の素晴らしさを再認識している次第です。
更に、後の90's Alternative Rockシーンにも影響を与えていそうな、ギターロックとしての魅力も兼ね備えていて、80's College RockのみならずAlternative Rockファンにもオススメ。

Games

気持ちの良いコード感のイントロから始まる"Flip You Wig"は、Powerpopってなくらいキャッチーなメロディがのっかり、疾走感・ドライブ感のある"Every Everything"、そして名曲"Makes No Sense At All"と、初っ端から聴き手をノックアウト。
他にも"Divide And Conquer"のイントロに悶絶し、Mega City Fourも絶対好きだったろうなあと思わざるをえない"Games"のコーラスパートにニヤニヤし、"Keep Hanging On"の泣き叫ぶようなメロディにSad Melodic好きの心を撃ちぬかれ…とアルバム全体で隙のないアルバムです!

Divide and Conquer


音の系統として、よりPunk/Hardcoreが全面に出ている初期作品の中で、その轟音サウンドとメロディ性が相俟って、エモーショナルさすら感じてしまう"New Day Raising"が名盤と言われる事が多いですが、このFlip Your Wigも負けず劣らずの名盤だと思います。オススメ!




0 件のコメント:
コメントを投稿

Blogger Widgets
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...